NANKANG(ナンカン)タイヤメーカーの歴史

NANKANGタイヤメーカーの歴史

【NANKANG】はナンカン台湾の

世界的大手タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)

台湾最高の栄誉である「台湾精品大賞」受賞メーカーです。

nankang

NANKANG(ナンカン)タイヤメーカーの歴史です。

◆1940年: ナンカンタイヤの前身である台灣護膜株式會社がゴム製造会社として設立。

◆1945年: 台灣工礦股份有限公司南港橡膠廠(Nankang Rubber )となる。

◆1959年: 南港輪胎股份有限公司(Nankang Rubber Tire Corp., Ltd. )として創業。

◆1963年: 株式市場への上場。

◆1973年:ヘリコプター のタイヤの製造。同年、新豊(新豐)の工場も操業を開始。

◆1974年:ラジアルタイヤの製造法を確立。

◆1976年:飛行機 用タイヤの製造を開始。

◆1980年:トラックやバス向けのラジアルタイヤの製造を開始。

◆1989年: 日本のタイヤメーカーによる技術指導が行われ、

 タイヤの品質改善が行われたこれは1996年まで行われました。

◆1991年: E-MARK(欧州への製品輸出許可証)を取得し、ヨーロッパ向けの輸出を開始。

◆1994年:【ISO 9001】を取得。

◆1997年: 輸出向けにスタッドレスタイヤの製造を開始。【ISO 14001】を取得。

◆2001年:【ISO 16949】を取得。

NANKANG ナンカンタイヤの性能は大丈夫?

NANKANGタイヤメーカーは、ラジアルタイヤを製造して40年以上が経つ、

歴史あるタイヤメーカーです。

その歴史の中で、1989年から1996年までの間

日本タイヤメーカーの技術指導により

タイヤ品質改善をし、飛躍的にタイヤ性能がアップしました。

ナンカンタイヤは、低価格でありながら

夏タイヤは日本タイヤメーカーに引けを取らない性能に、

ドライ路面のグリップは、ほとんど国産タイヤに引けを取らないレベルになってきています。

静粛性の面で、まだ2~3年の開きがあるのかなと思っていましたが

プレミアムコンフォートタイヤを発売してきたことで

一気に差が縮まりました

国産タイヤとの価格の差を見れば、充分性能差は納得のいくタイヤですが、

良いところだけではありません。

ウエット路面の性能は、まだ国産タイヤと比べて

5年ぐらい遅れているかもしれません。

ウエット路面は本当に滑りますね!

サーキットの限界走行時の経験ですよ

サーキットを走ると、タイムに出るので

ウエット性能の弱さがハッキリ、タイムに出てしまいます。

でも一般道の通常走行では全く問題がないレベルです(笑)

ドライグリップは、すごいレベルになってきています。

2016年に発売されたNANKANGハイグリップタイヤは

国産ハイグリップタイヤを超えるグリップ力を持ったタイヤです。

コレには本当に驚きました。

NANKANG ナンカンタイヤの種類と試乗レビューは

コチラから⇒NANKANGタイヤの種類と試乗レビュー

アジアンタイヤ性能研究室では、

ナンカンタイヤを試乗した時のタイヤ性能・感想を

書いていますのでタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

新しいナンカンタイヤが発売されたら

もちろん試乗テストしていきますので、

試乗性能評価レビューをお楽しみに!

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年07月08日

NANKANGタイヤメーカーの歴史でした!

タグ

2016年1月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 台湾製タイヤ

NANKANG CW-20 バン用ラジアルタイヤ アジアンタイヤ

アジアンタイヤ バン用ラジアルタイヤ NANKANG CW-20

商用車タイヤ 4ナンバー専用タイヤ バン用ラジアルタイヤ ナンカンCW-20

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)

創立50年を誇りながら、常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、

世界各国で高い評価を得て数々の国際的な賞を受賞しています。

NANKANG CW-20

インチサイズ(15インチ~18インチ)

NANKANG CW-20
NANKANG CW-20は、ウェット性能、静粛性に優れた商用車・バン用タイヤです。

パターン設計とショルダー剛性の強化により、快適性と耐久性にも優れています。

NANKANG CW-20のタイヤデザイン

NANKANG CW-20のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

ナンカンCW-20のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG CW-20<<

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年07月07日

NANKANG CW-20 バン用ラジアルタイヤ アジアンタイヤでした!

タグ

2016年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ バン用タイヤ 台湾製タイヤ

ランフラットタイヤとは?安いランフラットタイヤで評判の良いアジアンタイヤ選び

ランフラットタイヤとは、どんなタイヤなのでしょう

ランフラットタイヤを簡単に説明すると、空気圧がゼロになっても

一定の距離を走ることができるタイヤのことです。

つまりはパンクをしてもある程度の距離を走り続けることが

できるタイヤということになります。

ある程度の距離ですが、一般的には50km~100km程です。

パンクしてから空気が抜けはじめても、この距離が走れれば

ディーラーさん、カー用品店さん、タイヤ屋さん等に

たどり着ける距離を走れることに、なる訳です。

ですがデメリットがあります。

純正採用されているランフラットタイヤは、値段が高いということ!

1本の値段を聞いて、あまりの値段の高さに驚かれる方が、ほとんどだと思います。

こうなると悩みますよね!

そこで安いランフラットタイヤを調べていくと

アジアンタイヤでもランフラットタイヤが発売されていることにたどり着きました。

アジアンタイヤの中から、人気のランフラットタイヤを選んでみました。

RADARランフラットタイヤ

シンガポール発のグローバルタイヤブランドRADAR(レーダー)

世界初の環境に優しい“カーボンニュートラル承認”を取得したタイヤブランドです。

RADAR Dimax R8+RUNFLAT

Dimax R8+ RUNFLAT(ディーマックス アールエイト プラス RUNFLAT)は、

最先端の技術で製造され、非対称のトレッドデザインはドライとウェットに

優れたグリップを提供します。

また、耐久性を高めるために配合されたコンパウンドがロングライフに貢献します。

Dimax R8+ RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

RPX800 RUNFLAT

RPX800 RUNFLAT(アールピーエックス ハッピャク RUNFLAT)は、

コーナリング安定性が良くタイヤの中心のリブで高速安定性も向上させます。

トラクション性能にも優れており快適な乗り心地です。

RPX800 RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

NANKANGランフラットタイヤ

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)1959年創業。

常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、

世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞。

世界170ヶ国での販売実績が証明するアジアンタイヤブランドです。

NANKANG AS-2 +(Plus) RUNFLAT

AS-2 + RUNFLAT(エーエスツープラス ランフラット)は、

優れたトラクション性能を発揮するプレミアムタイヤに進化させ、

AS-2+では、AS-2のコンパウンドを改良し、

乗り心地と静粛性をさらに向上させたランフラットタイヤです。

NANKANG AS-2+RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

純正採用されているRUNFLAT(ランフラット)タイヤも参考に

PIRELLIランフラットタイヤ

イタリア ミラノに本社を置くタイヤメーカーPIRELLI(ピレリ)

世界タイヤメーカー別シェアランキングでは、第5位の実績を誇っています。

輸入車、特に欧州車の純正タイヤに多く採用され、

その装着車種は、スーパーカーからコンパクトカーまで幅広く、

自動車メーカーからの信頼も厚いタイヤメーカーです。

PIRELLI CintuRato P7 RUNFLAT

PIRELLI CintuRato P7(ピレリ チントゥラート ピーナナ)は、

ピレリ初の【グリーンパフォーマンス】タイヤです。

最新の素材、構造、トレッドパターン設計を用いることにより、

どのような路面でも快適で安全な走りを約束する、経済性に優れ、環境に優しいエコタイヤです。

2010年度ADAC(ドイツ自動車連盟)夏期タイヤテストでも

最高のパフォーマンスを発揮した高性能で安全性の高い環境対応製品です。

PIRELLI CintuRato P7のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

PIRELLI P-ZERO RUNFLAT

PIRELLI P-ZERO RUNFLAT(ピレリ ピーゼロ ランフラット)は、

PIRELLIのフラッグシップモデルです。

最先端の技術や最高のパフォーマンスを持った

ウルトラハイパフォーマンスタイヤです。

安定した高速性能の実現しドライ・ウェット両路面において

すばらしいハンドリング性能とブレーキング性能を発揮します。

PIRELLI P-ZERO RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

BRIDGESTONEランフラットタイヤ

世界No.1タイヤメーカーBRIDGESTONE(ブリヂストン)

「世界最高の品質で社会に貢献」を不変の使命として掲げ、

1930年の第一号タイヤ誕生から2005年には数あるタイヤメーカーの中から、

世界トップシェアとなりました。

今もなお業界最大手として技術革新に余念がありません。

DUELER H/P SPORT RUNFLAT

DUELER H/P SPORT RUNFLAT(デューラー エイチピー・スポーツ ランフラット)は、

コーナー&ストレートでのドライ&ウェットグリップに優れた、

グローバルスタンダードの高性能スポーツSUVタイヤです。

DUELER H/P SPORT RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

POTENZA S001 RUNFLAT

POTENZA S001 RUNFLAT(ポテンザ・エスゼロゼロイチ ランフラット)は、

世界のハイパフォーマンスカーに選ばれたPOTENZA RE050に搭載された技術がさらに進化。

IN側はウェット性能を、OUT側はドライ性能を追求したパターンを採用したことで、

高次元のドライ&ウェットパフォーマンスを発揮します。

POTENZA S001 RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

ランフラットタイヤを製造しているタイヤメーカーはまだ少ないですが

アジアンタイヤメーカーでもランフラットタイヤが発売されるようになり

価格も一般ラジアルタイヤと変わらないぐらいの低格帯になってきました。

純正採用のランフラット1本分で4本買えてしまうのって

すごい事だと思いませんか?

ランフラットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年07月08日

ランフラットタイヤとは?安いランフラットタイヤで評判の良いアジアンタイヤ選びでした!

タグ

2019年1月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ランフラットタイヤ

安くて評価が良いランフラットタイヤ選びと種類 純正RUNFLATタイヤは値段か高いと悩んでいませんか?

純正採用されているランフラットタイヤは、値段が高くて悩んでいませんか!

1本の値段を聞いて、あまりの値段の高さに驚かれる方が、ほとんどだと思います。

こうなると悩みますよね!

そこで安いランフラットタイヤを調べていくと

アジアンタイヤでもランフラットタイヤが発売されていることにたどり着きました。

アジアンタイヤの中から、人気のランフラットタイヤを選んでみました。

RADARランフラットタイヤ

シンガポール発のグローバルタイヤブランドRADAR(レーダー)

世界初の環境に優しい“カーボンニュートラル承認”を取得したタイヤブランドです。

RADAR Dimax R8+RUNFLAT

Dimax R8+ RUNFLAT(ディーマックス アールエイト プラス RUNFLAT)は、

最先端の技術で製造され、非対称のトレッドデザインはドライとウェットに

優れたグリップを提供します。

また、耐久性を高めるために配合されたコンパウンドがロングライフに貢献します。

Dimax R8+ RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

RPX800 RUNFLAT

RPX800 RUNFLAT(アールピーエックス ハッピャク RUNFLAT)は、

コーナリング安定性が良くタイヤの中心のリブで高速安定性も向上させます。

トラクション性能にも優れており快適な乗り心地です。

RPX800 RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

NANKANGランフラットタイヤ

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)1959年創業。

常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、

世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞。

世界170ヶ国での販売実績が証明するアジアンタイヤブランドです。

NANKANG AS-2 +(Plus) RUNFLAT

AS-2 + RUNFLAT(エーエスツープラス ランフラット)は、

優れたトラクション性能を発揮するプレミアムタイヤに進化させ、

AS-2+では、AS-2のコンパウンドを改良し、

乗り心地と静粛性をさらに向上させたランフラットタイヤです。

NANKANG AS-2+RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

純正採用されているRUNFLAT(ランフラット)タイヤも参考に

PIRELLIランフラットタイヤ

イタリア ミラノに本社を置くタイヤメーカーPIRELLI(ピレリ)

世界タイヤメーカー別シェアランキングでは、第5位の実績を誇っています。

輸入車、特に欧州車の純正タイヤに多く採用され、

その装着車種は、スーパーカーからコンパクトカーまで幅広く、

自動車メーカーからの信頼も厚いタイヤメーカーです。

PIRELLI CintuRato P7 RUNFLAT

PIRELLI CintuRato P7(ピレリ チントゥラート ピーナナ)は、

ピレリ初の【グリーンパフォーマンス】タイヤです。

最新の素材、構造、トレッドパターン設計を用いることにより、

どのような路面でも快適で安全な走りを約束する、経済性に優れ、環境に優しいエコタイヤです。

2010年度ADAC(ドイツ自動車連盟)夏期タイヤテストでも

最高のパフォーマンスを発揮した高性能で安全性の高い環境対応製品です。

PIRELLI CintuRato P7のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

PIRELLI P-ZERO RUNFLAT

PIRELLI P-ZERO RUNFLAT(ピレリ ピーゼロ ランフラット)は、

PIRELLIのフラッグシップモデルです。

最先端の技術や最高のパフォーマンスを持った

ウルトラハイパフォーマンスタイヤです。

安定した高速性能の実現しドライ・ウェット両路面において

すばらしいハンドリング性能とブレーキング性能を発揮します。

PIRELLI P-ZERO RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

BRIDGESTONEランフラットタイヤ

世界No.1タイヤメーカーBRIDGESTONE(ブリヂストン)

「世界最高の品質で社会に貢献」を不変の使命として掲げ、

1930年の第一号タイヤ誕生から2005年には数あるタイヤメーカーの中から、

世界トップシェアとなりました。

今もなお業界最大手として技術革新に余念がありません。

DUELER H/P SPORT RUNFLAT

DUELER H/P SPORT RUNFLAT(デューラー エイチピー・スポーツ ランフラット)は、

コーナー&ストレートでのドライ&ウェットグリップに優れた、

グローバルスタンダードの高性能スポーツSUVタイヤです。

DUELER H/P SPORT RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

POTENZA S001 RUNFLAT

POTENZA S001 RUNFLAT(ポテンザ・エスゼロゼロイチ ランフラット)は、

世界のハイパフォーマンスカーに選ばれたPOTENZA RE050に搭載された技術がさらに進化。

IN側はウェット性能を、OUT側はドライ性能を追求したパターンを採用したことで、

高次元のドライ&ウェットパフォーマンスを発揮します。

POTENZA S001 RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

ランフラットタイヤを製造しているタイヤメーカーはまだ少ないですが

アジアンタイヤメーカーでもランフラットタイヤが発売されるようになり

価格も一般ラジアルタイヤと変わらないぐらいの低格帯になってきました。

純正採用のランフラット1本分で4本買えてしまうのって

すごい事だと思いませんか?

ランフラットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ランフラットタイヤを製造しているタイヤメーカーはまだ少ないですが、

アジアンタイヤメーカーでもランフラットタイヤが発売されるようになり

価格も一般ラジアルタイヤと変わらないぐらいの低格帯になってきました。

ランフラットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年07月01日

安くて評価が良いランフラットタイヤ選びと種類 安いRUNFLATタイヤの特徴でした

タグ

2018年12月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ランフラットタイヤ

アジアンタイヤ メーカーの種類 人気の10メーカー

アジアンタイヤメーカー10選 激安輸入タイヤ

アジアンタイヤメーカーの中から、人気のタイヤメーカー

試乗評価した中から、激安タイヤでありながら

高性能なタイヤを厳選し紹介します。

ネット通販で売れている人気メーカーです。

おすすめアジアンタイヤメーカー10選のご紹介

NANKANG(ナンカン)タイヤ

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG。

常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、

世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞しています。

世界170ヶ国での販売実績が証明するキングオブアジアンタイヤが

NANKANG(ナンカン)タイヤです。

タイヤの種類が豊富で、一般タイヤから、サーキットタイヤまで揃っている

タイヤメーカーです。

NANKANGタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

 

 

ATR RADIALタイヤ

世界のレースシーンで、その高いパフォーマンスを証明し続ける

インドネシアのATRradial。

ドリフトユーザーから一般ユーザーまでを魅了する品質とラインナップは、

世界100ヶ国で愛用されています。

欧州サッカーのトップチームであるPSG(パリサンジェルマン)の

オフィシャルタイヤパートナーとしても有名です。

ATR SPORTタイヤは、スポーツタイヤを得意とするタイヤメーカーです。

ATR SPORTタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

MOMO(モモ)タイヤ

ステアリングをはじめ、長年のレース経験で培われた技術と経験を取り入れた

自動車パーツで有名なイタリアのブランドMOMO(モモ)。

MOMOタイヤはサイドウオールの美しさまで追及している

タイヤメーカーがMOMOタイヤです。

MOMOタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

ROADSTON(ロードストーン)タイヤ

ROADSTONE(ロードストーン)タイヤは、

韓国の大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)のセカンドブランドとして、

主に欧米市場に販売されているタイヤで

ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤです。

アメリカで販売されるタイヤは、規格がとても厳しいです。

即裁判になるのがアメリカだからです。これだけでも

アメリカで販売しているROADSTONEタイヤが高品質であるという証です。

低価格でありながら高性能なタイヤがROADSTONEタイヤです。

ROADSTONタイヤタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

SUPERIA(スーペリア)タイヤ

高い設計力、開発力によりSUPERIA(スーペリア)は、

ヨーロッパへの流通が多くヨーロッパのエンジニアとの共同開発により、

国際的なクオリティと性能基準を満たしながら規格認定を受けているタイヤメーカーです。

SUPERIAタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

HIFLY(ハイフライ)タイヤ

高次元な品質とコストパフォーマンスの両立を実現し、

北米、ヨーロッパをはじめ世界各国で 販売されている人気ブランドHIFLY。

アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、

欧州など各国の基準、規定に合格しています。

低価格でありながら、高性能な実力をもつタイヤメーカーで

日本で人気急上昇中のタイヤメーカーがハイフライタイヤです。

HIFLYタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ

ドバイ発のグローバルタイヤブランドZEETEX。

乗用車からトラック・バス用まで幅広いラインナップを

世界85ヶ国以上で販売しているのがジーテックスタイヤです。

ZEETEXタイヤの種類は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

MINERVA(ミネルバ)タイヤ

ヨーロッパで愛されて100年。

ベルギー発の歴史的グローバルタイヤブランドMINERVA。

ヨーロッパをはじめアジアなど世界52ヶ国以上で

販売されているのがミネルバタイヤです。

MINERVAタイヤの種類は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

MAXTREK(マックストレック)タイヤ

MAXTREK(マックストレック)は中国のタイヤメーカーです。

顧客満足度を追求しているタイヤメーカーが

マックストレックタイヤです。

MAXTREKタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

 

 

Radar(レーダー)タイヤ

シンガポール発のグローバルタイヤブランドRADAR。

世界初の環境に優しい“カーボンニュートラル承認”を取得したタイヤブランドが

レーダータイヤです。

RADARタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年07月07日

アジアンタイヤメーカー10選 おすすめ激安輸入タイヤでした!

タグ

2017年8月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アジアンタイヤメーカー

このページの先頭へ