DAVANTI DX390タイヤに実際試乗した感想と試乗性能評価レビュー

DAVANTI DX390タイヤの実力はどうなのでしょう?

DAVANTI DX390

DX390タイヤは、排水性に優れ、雨天のハンドリングに定評があり、非対称のトレッドデザインが

熱効率と走行ノイズを最小限に抑え、快適なドライブを提供します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(14~16インチ)

 

DAVANTI DX390のタイヤデザイン

タイヤトレッドパタンはこんな感じ

DAVANTI DX390

タイヤサイドはこんな感じ

DAVANTI DX390

タイヤのショルダーはこんな感じ

DAVANTI DX390

DAVANTI DX390のタイヤサイズと値段はコチラから⇒DAVANTI DX390

DAVANTI DX390タイヤに乗った特徴と感想 一般道タイヤ性能評価レビュー

DAVANTI タイヤ、イギリスのタイヤメーカーが作るタイヤって、サイドウオールの仕上りが本当に美しいんですよね!

DAVANTI DX390タイヤに乗ってみました。乗り始めはとても静かで、乗り心地が凄くしなやかな印象で、高級車になったような感覚です。

コンフォートタイヤの中でも結構レベルが高そうです。路面の悪いところも走りましたが、とっても静かで乗り心地も良く、

突き上げ感もありません。コーナーを攻めてみるとこれもちょっと驚き、グリップもかなりあるタイヤということが確認できました。

DAVANTI DX390の高速道路タイヤ性能評価レビュー

高速道路はどうなのでしょう?ETCゲートをくぐってから加速、この速度だと、

きついコーナーなので、結構タイヤが鳴くんですが、鳴かないんだ~(驚)

高速の合流手前からフル加速そして合流です。高速になってもメチャ静かなタイヤですし直進安定性も良いです。

高速ではこの直進安定性ってかなり重要なんですよね。直進安定性のあるタイヤって、ステアリングを軽く握っているんです。

だから長距離でも疲れにくいんです。逆に直進安定性のないタイヤは、ステアリングを知らず知らず強く握っていて、

結局は長距離運転だと疲れるんですよね!このDAVANTI DX390タイヤはその点も、快適性抜群なタイヤですね!

DAVANTI DX390の首都高タイヤ性能評価レビュー

そのまま首都高にGOです。さすがにコンフォートタイヤです。継ぎ目の段差が多い首都高でも突き上げ感はまったく感じません。

首都高は路面のアスファルトが古かったり、新しかったりとかなり性格の違う路面があるので、静かさを確認するにはベストな道路です。

DX390タイヤの、この静かさには、ちょっと驚きです。さてコーナーに入ると、グリップ感もとても良いです。

コーナーを攻めてみると切り始めの反応がほんの少し遅れますが、グリップはコンフォートタイヤとは思えないほどありますね。

DAVANTI タイヤ今回はDX390を試乗させて頂きました。かなり高性能なコンフォートプレミアムタイヤという感想です。

DAVANTI DX390タイヤサイズと値段は

コチラから⇒DAVANTI DX390 

タイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

更新日:2020年10月16日

DAVANTI DX390タイヤに実際試乗した感想と試乗性能評価レビューでした!

タグ

2020年6月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:DAVANTIタイヤ

このページの先頭へ