DAVANTI DX640タイヤに実際試乗した感想と試乗性能評価レビュー

DAVANTI DX640タイヤの実力はどうなのでしょう?

DAVANTI DX640
DX640タイヤは、最先端のシリカコンパウンドを組み合わせた非対称のトレッドとショルダーブロックのデザインが

優れたウェットグリップとトレッド摩耗の低減を可能にしました。というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(スポーツタイヤ)

インチサイズ(16~22インチ)

DAVANTI DX640のタイヤデザイン

タイヤトレッドはこんな感じ
DAVANTI DX640

タイヤサイドはこんな感じ

DAVANTI DX640

タイヤのショルダーはこんな感じ

DAVANTI DX640

DAVANTI DX640のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

DAVANTI DX640タイヤに乗った特徴と感想 一般道タイヤ試乗性能評価レビュー

DAVANTI DX640タイヤに試乗してみました。乗り始めはとても静かですが、乗り心地はどちらかというと固めの印象で、

多少ゴツゴツ感がありますね。路面の悪いところも走りましたが、静かです。これほど静かなスポーツタイヤは、初めてかも知れません。

コーナーを攻めてみるとこれもちょっと驚き、かなり切り始めからクイックに反応してくれます。

グリップもかなりあるタイヤということが確認できました。

DAVANTI DX640の高速道路タイヤ試乗性能評価レビュー

高速道路はどうなのでしょう?ETCゲートをくぐってから加速、この速度だと、きついコーナーなので、

ステアリングを切り込むと、おっと・・・かなりクイックです(驚)切ったと同時にフロントの向きがスパッと変わりますね。

コーナー途中のリヤのグリップも良い感じです。
高速の合流手前からフル加速そして合流です。切り始めが遅れないから、気持ちいいですね!

そして高速になってもスポーツタイヤとは思えないほど静かなタイヤです。直進安定性も良いですね。

乗り心地は多少ゴツゴツ感があります。このDAVANTI DX640タイヤもしかしたらかなりスポーツ走行でも楽しめるかも知れません。

DAVANTI DX640の首都高タイヤ試乗性能評価レビュー

そのまま首都高にGOです。さてどうなのでしょう。継ぎ目の段差が多い首都高では、多少ゴツゴツ感が感じられますが

おさまりが早いので安定感があります。DX640タイヤの、この静かさには、ちょっと驚きです。

本当にスポーツタイヤなの?というぐらい静かです。さてコーナーに入ると、切り始めの遅れが無く気持ちよいほど

フロントが向きを変えてくれますね!なんだか楽しくなっちゃいます。コーナー中の4輪のタイヤ情報をしっかり伝わってくるので走りやすいです。

コーナーを攻めてみるとまじか~、ここまでグリップするの?ならドライビングを変えて、コーナー中に前荷重しても、どれだけグリップあるんだこのタイヤ?

これもしかしたらグリップタイヤのカテゴリーに入るグリップがありますね(驚)このタイヤはスポーツタイヤのカテゴリーの中では、

上位になるグリップ力を持っています(驚)タイヤトレッドパターンを見たときは、本当にグリップするのかな~と思っていましたが、

乗ってみるとそのグリップには驚きました。もしかしたらサーキットでも楽しめるかも知れません。そのぐらいグリップがあるタイヤでした。

 

DAVANTI タイヤ今回はDX640を試乗させて頂きました。

ちょっと今までに無いタイヤカテゴリーのタイヤでもしこんなカテゴリーがあるとしたならプレミアムグリップタイヤという感想です。

静かなのにグリップします。でも乗り心地面に関して言えば、プレミアムタイヤの乗り心地まではありませんでした。多少のゴツゴツ感がありますよ!

DAVANTI DX640タイヤサイズと値段は

コチラから⇒DAVANTI DX640 

タイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

更新日:2020年10月16日

DAVANTI DX640タイヤに実際試乗した感想と試乗性能評価レビュー

タグ

2020年5月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:DAVANTIタイヤ

このページの先頭へ