安くて評判の良い人気のMAXTREK(マックストレック)アジアンタイヤの種類と特長評価

安くて評判の良い人気のMAXTREK(マックストレック)タイヤに実際乗った感想をまとめました。

MAXTREK(マックストレック)は、顧客満足度第一で技術革新を続ける急成長タイヤブランドです。

世界一流タイヤ工場と並ぶ技術力を備えていて、

中国、アメリカ、ヨーロッパなどの認証も取得。

道路状況に考慮された、さまざまな特性データーを取って

設計されているのがMAXTREKタイヤです。

MAXTREKタイヤの種類

MAXTREK FORTIS T5

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

タイヤサイズ(19インチ~22インチ)

FORTIS T5(フォルティス T5)は、非対称のトレッドパターンを採用することにより、

偏摩耗を抑制するとともに静粛性を含めた

乗り心地の良さを向上させたタイヤがFORTIS T5です。

フォルティス T5のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒FORTIS T5

 

MAXTREK INGENS A1

タイヤカテゴリー(スポーツタイヤ)

タイヤサイズ(14インチ~20インチ)

MAXTEK INGENS A1の試乗評価レビューは⇒コチラ

INGENS A1(インジェンス A1)は、ドライ、ウェットどちらの路面においても

優れたグリップ性と操縦性を発揮。ドライバーに運転の楽しさを

教えてくれるタイヤがINGENS A1です。

インジェンスA1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒INGENS A1

 

MAXTREK MAXIMUS M1

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

タイヤサイス(14インチ~19インチ)

MAXIMUS M1(マキシマス M1)は、優れたグリップ力と排水性を有し、

それに加え静粛性や乗り心地の面でも納得の性能を

体感できるタイヤがMAXIMUS M1です。

マキシマスM1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MAXIMUS M1

MAXTREK SIERRA S6

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)

タイヤサイズ(16インチ~21インチ)

SIERRA S6(シエラ S6)は、トレッドに細かなラグパターンと

幅の広い4本の縦溝を組み合わせることで高いグリップ力を発揮。

ドライ路面だけでなく、ウェット路面でも安定した走行が可能なタイヤが

SIERRA S6タイヤです。

シエラS6のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒SIERRA S6

 

MAXTREK MK700

タイヤカテゴリー(バン用タイヤ)

タイヤサイズ(14インチ~16インチ)

MK700(エムケーナナヒャク)は、

ライトトラック用に特別設計され、

転がり抵抗を低減。燃費性能を向上し、

経済性とハンドリング性能に優れたタイヤです。

MAXTREK MK700のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MK700

MAXTREK SU810

タイヤカテゴリー(バン用タイヤ)

タイヤサイズ(13インチ)

SU810(エスユー810) は、耐摩耗性に優れるロングライフを実現。

転がり抵抗を低減させていて、燃費性能も向上。経済性に優れたタイヤです。

エスユー810のホイールセットと価格は

コチラから⇒SU810

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月09日

安くて評価の良い人気のMAXTREK(マックストレック)タイヤの種類と特長評価でした!

タグ

2019年2月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MAXTREKタイヤ

安くて評価の良い静かで乗り心地が良い快適性のあるコンフォートタイヤ選び

コンフォートタイヤは、静かさと乗り心地を重視したタイヤです。

コンフォートタイヤとは⇒『快適なタイヤ』

タイヤは低中速では静かで乗り心地が良くても、高速になると

走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、その点も試乗テストして選んでいます。

それぞれのタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗し性能を評価した

タイヤ性能評価にリンクしています。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメです。

安くて評価の良いコンフォートタイヤ性能比較!

NANKANG(ナンカン)RX615

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG RX615

ナンカンRX615タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒
NANKANG RX615

 

ROADSTON(ロードストーン)CP672

試乗感想レビューはコチラ⇒ ROADSTON CP672

ロードストーン CP672のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE CP672

 

NANKANG(ナンカン)AS-1

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-1

ナンカンAS-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS-1

 

HIFLY(ハイフライ)HF201

試乗感想レビューはコチラ⇒ HIFLY HF201

ハイフライHF201のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF201

 

RADAR(レーダー)RPX10

試乗感想レビューはコチラ⇒ RADAR RPX10

レーダーRPX10のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ RADAR RPX10

 

それぞれのコンフォートタイヤは、あくまでも新品時に試乗した時のタイヤ性能比較です。

タイヤ選び、タイヤ交換の参考にしていただければ、うれしいです。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月09日

安くて評価の良い静かで乗り心地が良い快適性のあるコンフォートタイヤ選びでした!

タグ

2019年2月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ

安くて評価が高い人気のプレミアムタイヤ性能比較!タイヤ選びの参考に!

プレミアムタイヤは、コンフォートタイヤにスポーツタイヤの性能を持つ

タイヤの中で最も贅沢な性能を兼ね備えたタイヤです。

プレミアムタイヤとは⇒『高級、上等』のタイヤという意味になります。

各タイヤメーカーの技術の結晶がプレミアムタイヤに生かされています。

プレミアムタイヤ性能比較です。

リンクは、一般道、高速道路、首都高速を試乗した実際の感想にリンクしています

プレミアムタイヤ性能比較

ROADSTONE N8000

試乗感想レビューはコチラ⇒ ROADSTONE N8000

ROADSTONE N8000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒
ROADSTONE N8000

 

NANKANG NS-20

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG NS-20

NS20

ナンカンNS-20のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS20

 

NANKANG AS-2 +(Plus)

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-2 +(Plus)

ナンカン AS-2+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS2

トータル性能を追い求めた贅沢なプレミアムタイヤの試乗性能比較です。

タイヤ選びで、どれがイイのか迷ってしまうなら、プレミアムタイヤを選べば

間違いありません。

国産プレミアムタイヤは、かなり値段が高いので、値段で悩んでしまいますが

アジアンタイヤのプレミアムタイヤなら、国産プレミアムタイヤの

1/3~1/4の値段で買えてしまうので、

価格的にも魅力があると思います。

アジアンタイヤのプレミアムタイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月15日

安くて評価が高い人気のプレミアムタイヤ性能比較でした!

 

タグ

2019年2月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレミアムタイヤ

このページの先頭へ