安いハイグリップタイヤは無いのか?アジアンハイグリップタイヤ探し

安くてグリップするタイヤは無いのか?

サーキット好きな私は、タイヤ代に毎回悩んでいた経験があります。

国産ハイグリップタイヤは、値段が高く、さんざん悩みました。

ほとんど妥協して、ハイグリップタイヤではない、

スポーツタイヤを選ぶしかなく、ハイグリップタイヤを買えなかったことを覚えています。

ハイグリップタイヤを買えれば、もっと楽しくサーキットを楽しめるのに

何度も悩みました。

でも現実は高価なハイグリップタイヤ、何度も買えませんでした。

そうなんです!サーキットを走るのが好きな方の悩みはタイヤ代

消耗品であるタイヤは、最も価格が高いメンテナンス品なんです。

サーキットで足回りのセッティングが決まってくると

最後にタイムに関わるところは、タイヤのグリップだけになるんです。

ですから、どれだけグリップするタイヤを履くかに掛かってくるんですよね!

サーキット走行の楽しみは、なんと言ってもタイムの短縮です。

自分のドライビングテクニックが、タイムに出る場所がサーキットだからです。

ですが、お金が無いからとあきらめている方も多いと思います。

でも今の時代は、低価格でもハイグリップタイヤが履ける時代になりました。

安いハイグリップタイヤがあるんです

NANKANG AR-1

強烈なグリップ力を持つタイヤはコチラ⇒NANKANG AR-1

AR-1

NANKANG NS-2R

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

NS-2R

 

ATR-K SPORT

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR-K SPORT

 

ATR SPORT 123S

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT 123S

この4種類のハイグリップタイヤ

Sタイヤ(セミスリックタイヤ)並みのグリップ力を

持っていますが、Sタイヤ

一般ラジアルタイヤとは、グリップの理論が異なります

狭い温度域によって、グリップ力を発揮する

特殊なコンパウンドを使っているタイヤ

さらにサーキットでのタイム短縮のみを狙っているタイヤなので

極力タイヤ自体を軽く作ってあります、一般道で使用するには、

かなり気を使わなければならないタイヤがS(セミスリック)タイヤです。

試乗テストをしたアジアンタイヤから抜粋したハイグリップタイヤは

一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!

タイヤのように一般道で、チョット大きな石を踏むだけで

パンクしたりしないので、ご安心ください。

安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので

一般道でも気をつかわなくて済みます。

NANKANG AR-1は

2016年7月にNANKANG NS-2Rのコンパウンドより

グリップ力のあるコンパウンドを使い発売されたのが

NANKANG AR-1です。

グリップ力は、発売と同時にアジアンタイヤTOPのグリップ力で

国産グリップタイヤより、グリップ力があるのには驚きました。

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

NANKANG NS-2Rは

国産グリップタイヤの1/3の価格で買えるのが大きな魅力です。

私もNANKANG NS-2Rを70スープラに履いています

このNANKANG NS-2Rも国産グリップタイヤのグリップ力を

超えているアジアンタイヤです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

ATR-K SPORTとATR SPORT 123Sは

国産グリップタイヤの1/4の価格で買えるのが魅力ですが

まだサイズラインナップが少ないので、

今後サイズラインナップが増えることを期待しています。

ATR-K SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR-K SPORT

ATR SPORT123Sのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT 123S

タグ

2019年1月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ハイグリップタイヤ

安いランフラットタイヤで評判の良いアジアンタイヤ選び

安いランフラットタイヤは無いのか?

お悩の方も多いと思います。1本パンクしてランフラットタイヤの値段を聞くと

そんなに高いの、と、驚かれる方も多いと思います。

ランフラットタイヤは需要が少ないためランフラットタイヤを

製造しているタイヤメーカーが少なく

価格競争がおきないため、価格が高いのが現状です。

高価なランフラットタイヤとはどのようなタイヤなのか?

外車のスポーツタイプの車に純正採用されているランフラットタイヤ

ランフラットタイヤとは、どんなタイヤなのでしょう

ランフラットタイヤを簡単に説明すると、空気圧がゼロになっても

一定の距離を走ることができるタイヤのことです。

つまりはパンクをしてもある程度の距離を走り続けることが

できるタイヤということになります。

ある程度の距離ですが、一般的には50km~100km程です。

パンクしてから空気が抜けはじめても、この距離が走れれば

ディーラーさん、カー用品店さん、タイヤ屋さん等に

たどり着ける距離を走れることに、なる訳です。

ですがデメリットがあります。

純正採用されているランフラットタイヤは、値段が高いということ!

1本の値段を聞いて、あまりの値段の高さに驚かれる方が、ほとんどだと思います。

こうなると悩みますよね!

そこで安いランフラットタイヤを調べていくと

アジアンタイヤでもランフラットタイヤが発売されていることにたどり着きました。

アジアンタイヤの中から、人気のランフラットタイヤを選んでみました。

RADARランフラットタイヤ

シンガポール発のグローバルタイヤブランドRADAR(レーダー)

世界初の環境に優しい“カーボンニュートラル承認”を取得したタイヤブランドです。

RADAR Dimax R8+RUNFLAT

Dimax R8+ RUNFLAT(ディーマックス アールエイト プラス RUNFLAT)は、

最先端の技術で製造され、非対称のトレッドデザインはドライとウェットに

優れたグリップを提供します。

また、耐久性を高めるために配合されたコンパウンドがロングライフに貢献します。

Dimax R8+ RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

RPX800 RUNFLAT

RPX800 RUNFLAT(アールピーエックス ハッピャク RUNFLAT)は、

コーナリング安定性が良くタイヤの中心のリブで高速安定性も向上させます。

トラクション性能にも優れており快適な乗り心地です。

RPX800 RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

NANKANGランフラットタイヤ

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)1959年創業。

常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、

世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞。

世界170ヶ国での販売実績が証明するアジアンタイヤブランドです。

NANKANG AS-2 +(Plus) RUNFLAT

AS-2 + RUNFLAT(エーエスツープラス ランフラット)は、

優れたトラクション性能を発揮するプレミアムタイヤに進化させ、

AS-2+では、AS-2のコンパウンドを改良し、

乗り心地と静粛性をさらに向上させたランフラットタイヤです。

NANKANG AS-2+RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

純正採用されているRUNFLAT(ランフラット)タイヤも参考に

PIRELLIランフラットタイヤ

イタリア ミラノに本社を置くタイヤメーカーPIRELLI(ピレリ)

世界タイヤメーカー別シェアランキングでは、第5位の実績を誇っています。

輸入車、特に欧州車の純正タイヤに多く採用され、

その装着車種は、スーパーカーからコンパクトカーまで幅広く、

自動車メーカーからの信頼も厚いタイヤメーカーです。

PIRELLI CintuRato P7 RUNFLAT

PIRELLI CintuRato P7(ピレリ チントゥラート ピーナナ)は、

ピレリ初の【グリーンパフォーマンス】タイヤです。

最新の素材、構造、トレッドパターン設計を用いることにより、

どのような路面でも快適で安全な走りを約束する、経済性に優れ、環境に優しいエコタイヤです。

2010年度ADAC(ドイツ自動車連盟)夏期タイヤテストでも

最高のパフォーマンスを発揮した高性能で安全性の高い環境対応製品です。

PIRELLI CintuRato P7のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

PIRELLI P-ZERO PZ4 RUNFLAT

PIRELLI P-ZERO PZ4 RUNFLAT(ピレリ ピーゼロ ピーゼットフォー ランフラット)

【LUXURY(高級セダン向け)】は、究極のカスタムメイドパフォーマンスを追求し、

静粛性と転がり抵抗の改善、ウェットコンディションにおける安全性が向上しました。

PIRELLI P-ZERO PZ4 RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

PIRELLI P-ZERO RUNFLAT

PIRELLI P-ZERO RUNFLAT(ピレリ ピーゼロ ランフラット)は、

PIRELLIのフラッグシップモデルです。

最先端の技術や最高のパフォーマンスを持った

ウルトラハイパフォーマンスタイヤです。

安定した高速性能の実現しドライ・ウェット両路面において

すばらしいハンドリング性能とブレーキング性能を発揮します。

PIRELLI P-ZERO RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

BRIDGESTONEランフラットタイヤ

世界No.1タイヤメーカーBRIDGESTONE(ブリヂストン)

「世界最高の品質で社会に貢献」を不変の使命として掲げ、

1930年の第一号タイヤ誕生から2005年には数あるタイヤメーカーの中から、

世界トップシェアとなりました。

今もなお業界最大手として技術革新に余念がありません。

DUELER H/P SPORT RUNFLAT

DUELER H/P SPORT RUNFLAT(デューラー エイチピー・スポーツ ランフラット)は、

コーナー&ストレートでのドライ&ウェットグリップに優れた、

グローバルスタンダードの高性能スポーツSUVタイヤです。

DUELER H/P SPORT RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

POTENZA S001 RUNFLAT

POTENZA S001 RUNFLAT(ポテンザ・エスゼロゼロイチ ランフラット)は、

世界のハイパフォーマンスカーに選ばれたPOTENZA RE050に搭載された技術がさらに進化。

IN側はウェット性能を、OUT側はドライ性能を追求したパターンを採用したことで、

高次元のドライ&ウェットパフォーマンスを発揮します。

POTENZA S001 RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

DUNLOPランフラットタイヤ

世界的大手タイヤメーカーDUNLOP(ダンロップ)

1909年に日本でゴム製品の製造を開始し、

1913年には日本初となる自動車用タイヤを製造しました。

ハイドロプレーニング現象の解明や新技術の開発など、

常に利用者へ安全を提供するために惜しみない努力を傾注しています。

SPORT MAXX GT RUNFLAT

SPORT MAXX GT RUNFLATスポーツマックスジーティ ランフラット)は、

究極のドライビングプレジャーを提供する高度なハンドリング&強靭なグリップ。

モンスターマシンの圧倒的パワーを支える高性能輸入外車用・スーパーハイパフォーマンスタイヤです。

SPORT MAXX GT RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

ランフラットタイヤを製造しているタイヤメーカーはまだ少ないですが

アジアンタイヤメーカーでもランフラットタイヤが発売されるようになり

価格も一般ラジアルタイヤと変わらないぐらいの低格帯になってきました。

純正採用のランフラット1本分で4本買えてしまうのって

すごい事だと思いませんか?

ランフラットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

低価格ランフラットタイヤ アジアンタイヤでした!

タグ

2019年1月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ランフラットタイヤ

アジアンタイヤ性能研究室は、試乗したタイヤ評価感想を書いています。

明けまして、おめでとうございます。

今年もアジアンタイヤ性能研究室を宜しくお願い致します。

アジアンタイヤも年々タイヤ性能が飛躍的にアップし、

国産タイヤと同等レベルまたは、タイヤのグリップでは超えるタイヤも出てきました。

ハイグリップタイヤで国産タイヤを超すタイヤが出てきたのには驚きました。

しかも値段が安いのですから、アジアンタイヤが人気になるのも分かります。

個人の趣味として、サーキット好きな私は、タイヤ代に毎回悩んでいた過去があります。

安くてグリップするタイヤは無いのか?さんざん悩みました。

国産タイヤの場合、グリップ=値段が高いに比例してしまい

S(セミスリック)タイヤは、値段が高く、グリップする分

摩耗が早く、お金が追いつかない状態でした。

サーキット仲間からも、同じ悩みが聞かれるようになり

激安のアジアンタイヤはどうなの?

安くてグリップするタイヤは無いのという意見から

アジアンタイヤ性能テストをすることに決めました。

もう15年以上前から、イロイロなアジアンタイヤを性能テストし

これからも皆さんの、お役に立てるよう

アジアンタイヤを試乗しタイヤ性能評価感想を書いていきたいと思います。

2019年は、平成が終わる年でもありますが、

新たな元号になる、節目の年でもあります。

より高性能なアジアンタイヤが発売されるかは、まだ分かりませんが

試乗できることを楽しみにしています。

それでは、タイヤに興味をお持ちの皆さん

宜しくお願い致します。

 

タグ

2019年1月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

このページの先頭へ