安いサーキットタイヤ探し!おすすめハイグリップタイヤ!

安いサーキットタイヤはあるのか?

激安のアジアンタイヤの中から、サーキットで試乗しタイムが良かった順に紹介していきます。

その前にデメリットがあります。

快適性の静かさや乗り心地はとても悪いです。

快適性より、グリップだ~という方には、ぜひ履いて頂きたいハイグリップタイヤです。

激安アジアンタイヤから抜粋したハイグリップタイヤは

一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!

タイヤのように一般道で、チョット大きな石を踏むだけで

パンクしたりしないので、ご安心ください。

安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので

一般道でも気をつかわなくて済みます。

NANKANG AR-1

このAR-1のグリップは、ハンパではありません。

まさしくS(セミスリック)タイヤ並のグリップをしてくれるのには驚きました。

ただし、デメリットもあります。

乗り心地も最悪ですが、パターンノイズ走行ノイズも最悪です。

Sタイヤを履いたことのある方なら、我慢できると思いますが

一般ラジアルタイヤから、いきなりAR-1に履き替えたら

その走行ノイズに驚いてしまうと思います。

快適性を一切無視して、グリップだけのために作られたタイヤなので

サーキットでタイムを縮めたい方にオススメです。

タイヤの減りは、Sタイヤ並に減りは早いです。

でも速いタイムを出したときの感動で、減りはしょうがないと思えると思います。

グリップ力は、アジアンタイヤTOPのグリップ力で

国産ハイグリップタイヤより、グリップ力があるのには驚きました。

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

NANKANG NS-2R

国産グリップタイヤの1/3の価格で買えるのが大きな魅力です。

私もNANKANG NS-2Rを70スープラに履いています

このNANKANG NS-2Rも国産ハイグリップタイヤのグリップ力を

超えているアジアンタイヤです。

デメリットは新品時はある程度静かですが、減ってくると

走行ノイズがかなりうるさくなります。

スリップサイン寸前になると、本当にうるさいです。

NS-2Rをリピートして、新品はこんなにも静かだったんだ~と、感動しました。

この安さでこのダイレクト感とグリップを持つタイヤは、他にはありません。

とにかくこの性能で、価格が激安なのですから、本当にうれしいタイヤです。

NS-2Rのタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

 

ATR-K SPORTとATR SPORT 123Sは

国産ハイグリップタイヤの1/4の価格で買えるのが魅力ですが

まだサイズラインナップが少ないので、

今後サイズラインナップが増えることを期待しています。

この2種類も、サーキットでは、国産ハイグリップタイヤと

同等または多少上回るタイムが出たのには驚きました。

ですが、なんと言ってもサイズラインナップが少ないため

サイズがあったらラーキーなタイヤです。

ATR-K SPORT

ATR-K SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR-K SPORT

ATR SPORT123S

ATR SPORT123Sのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT 123S

今回のサーキットタイヤの4種類のタイヤは

走り屋さんとサーキット好きには

ぜひ履いてもらいたいタイヤです。

これだけだと、どれだけグリップするのか

イメージがわかないと思いますので

どれぐらいグリップするかの説明を付け加えておきます

ATR-K SPORT

サーキットのタイムアタックでタイムを比較したところ

国産ハイグリップタイヤのネオバと同等のタイムが出てしまいました。

しかも周回を重ねても、タイムが安定していたので

そのグリップ性能には驚きました。

サーキット走行好きのタイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

更新日:2019年11月09日

安いサーキットタイヤ探し!おすすめハイグリップタイヤ!でした

タグ

2018年12月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ サーキットタイヤ

ROADSTONE(ロードストーン)N blue ECO SH01タイヤ性能評価と特徴

ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤの特徴

ROADSTONE N’blue Eco SH01は、環境性能に優れたタイヤを目的に制作されたECOタイヤです。

知人がN’blue Eco SH01に履き替えたので、乗ってみてということで

試乗の機会を頂きました、ありがとうございます。

ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤのデザイン

ROADSTONE N blue ECO SH01のトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

N blue ECO SH01(エヌブルーエコ エスエイチゼロワン)は、

細かいトレッドデザインにより、排水性に優れ、

濡れた路面でも高い制動力と直進安定性を発揮します。

また燃費性能にも配慮されていますので、環境にもやさしいタイヤです。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

ROADSTONE N blue ECO SH01の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤの性能評価レビュー

ROADSTONE N blue ECO SH01の性能は?

ECOタイヤなので、今回は、高速道路と首都高テストは無しということで

一般道のみのレビューです。

走ってみると、なるほど、静かで、乗り心地が良いタイヤですね。

突き上げ感もタイヤノイズも静かで、イイ感じです。

どちらかと言えば一般道では、コンフォートタイヤかなというのが感想です。

コーナーを攻めてみると、チョットグニャリ感があるかな

でもECOタイヤとは思えないほどグリップしてくれます。

ECOタイヤの特徴は、一定走行からアクセルを抜いた時の

減速度合いで、結構判断が付くんですよね。

今回はテストなので、60キロからニュートラルにして40キロになるまでの

タイムを計測します。

減速しないほどタイムが伸びることになります。

今まで試乗してきた、データーもあるので実際のタイムデーターで

どの程度のECOタイヤ性能を持っているかが分かります。

もちろん空気圧がとても関係するので、空気圧管理をしてからの測定です。

測定してみると、チョットビックリ、

ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤの転がり抵抗係数は

ギリギリ「A」という結果に

今までECOタイヤをたくさん試乗テストして来ましたが

転がり抵抗係数の「A」は、乗ってみても

あまりECOタイヤの感覚が分からない程度なんです。

「AAA」になると、履き替えて走ると減速しないので、

アクセルを抜いてから、前の車との車間が迫ってきて

始めは、慣れないと危ないくらい減速しないんです。

それぐらい転がり抵抗が違うタイヤなんです。

「A」は、ほとんど感じられない程度なんです。

なので、確かに「A」はECOタイヤなのですが

それほど燃費には関係しない転がり抵抗なんですよね。

ROADSTONE N blue ECO SH01をECOタイヤとして選ぶと

期待外れになってしまうかもしれません。

ですが、ROADSTONE N blue ECO SH01というタイヤ

乗り心地と静粛性はピカイチのタイヤでそれにグリップ力も

あるタイヤなのには驚きました。

さすがNEXENタイヤのセカンドブランドだけのことはあります。

NEXENはもともとグリップ力が高いタイヤを作っていましたからね

その点は、さすがだな~っと思いました。

ECOタイヤとしては、まだこのぐらいかなと思いましたが

このROADSTONE N blue ECO SH01タイヤは、タイヤカテゴリーを

ECOタイヤじゃなくて、コンフォートタイヤとしたら

かなりレベルが高いタイヤだと思いました。

ROADSTONE N blue ECO SH01のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE N blue ECO SH01

更新日:2019年11月14日

価格が安いので、満足度は高いと思います。

 

タグ

2018年12月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ROADSTONEタイヤ ECOタイヤ

安くて評判の良いアジアンタイヤの特徴とメリット、デメリット!

アジアンタイヤのデメリット

アジアンタイヤで一番弱いのがウエットグリップです

路面が濡れている時のグリップは

国産タイヤよりアジアンタイヤの方が大きく落ちるので、

ウエット時は速度を控えて走行しましょう。

ショートサーキットでドライ路面とウエット路面をタイムアタック

テストしたのは一般公道と同じアスファルトの路面のサーキットです。

サーキットをアジアンタイヤでウエットテストした時の

グリップの無さには、メチャ驚きました。

imgf05828abzikbzj

国産タイヤの場合、ドライ路面のタイムとウエット路面との

ショートサーキットタイム差は10秒~12秒落ちぐらいになるのですが、

アジアンタイヤはの場合は15秒~20秒落ちになってしまいます。

これだけでも、ウエットには弱いタイヤということが分かります。

一般道でも限界を超えない速度で走行すれば

問題はありませんが、ウエットグリップは

国産タイヤより劣るので、速度を抑えた走行を心がけましょう。

ですが国産のECOタイヤの出始めもウエット路面のグリップのなさは

こんな感じでした。

今時のアジアンタイヤのドライグリップは、かなり国産タイヤに

劣らない性能を示してくれています。

2015年頃から、アジアンタイヤ

ゴムにシリカを配合する比率が良くなり、

低温からのグリップとウエット性能が

飛躍的に向上してきました。

国産タイヤとのウエットグリップの差が

一気に縮まってきているのも、確かです。

アジアンタイヤはヒビが入るのが早い

国産タイヤで一般的に言われているのは、3年3万キロでタイヤ交換なのですが

アジアンタイヤは2年でヒビが入ってきます。

国産タイヤもアジアンタイヤもベースは生ゴムです。

一般的に知られている生ゴムは、輪ゴムが一番分かりやすいかと思います。

輪ゴムに太陽光を当てると、数日でヒビが入ります。

そうなんです、生ゴムは紫外線に弱い物質なのです。

ではタイヤはというと、生ゴムにブラックカーボンという物質を混ぜて

耐久性を上げています。タイヤ業界では、このブラックカーボンの事を

黒いダイヤモンドと呼んでいるぐらいタイヤメーカーでは大切な物質です。

タイヤにはその他にも、イロイロな成分を混ぜて目的に合ったタイヤを作っています。

その中で、紫外線からタイヤのゴムを守るために紫外線防止剤を混ぜています。

この紫外線防止剤は紫外線が当たると成分が浮き出てきて、茶色く変色します。

駐車場の向きにもよりますが、太陽光の当たるタイヤだけ茶色くなるのはそのためです。

話がチョットずれましたが、国産タイヤより、アジアンタイヤの方が

ヒビが入るのが早いのか、実は国土の面積にあります。

インドネシアや台湾は国土が小さいため当てはまりませんが

アジア地域では、やはり中国の国土の大きさがベースになっています。

タイヤ消費も中国が圧倒的です。

日本では先ほど書きましたが、国産タイヤは3年3万キロ

すなわち1年に1万キロが基準なのですが、中国では1年1万キロというのは

あまりに少ない距離なのです。走行距離が延びればタイヤはそれだけ摩耗します。

タイヤは1~2年で交換が普通なのです。

そのため紫外線防止剤もその分少なく配合しているため

2年でヒビが入るのが当たり前のことなのです。

屋根付き駐車場の場合は、当然、太陽光が直接当たらないので

アジアンタイヤでも2年でヒビ割れすることはありません。

少し余談になりますが、知識として覚えておいた方がイイ事があります。

国産タイヤでも2年でヒビ割れを起こしてしまうことがあります。

それはタイヤワックスです。

実はタイヤワックスは油性と水性があります。

確かに油性の方がツヤがでるのですが、この油分が

せっかくタイヤに混ぜられた紫外線防止剤の役目を阻止してしまいます。

紫外線が当たっても、紫外線防止剤が浮き出てこなくなってしまうのです。

そのため、ヒビが入るのを早めてしまってしまいます。

ですからタイヤワックスはできれば、水性の物をオススメします。

または、紫外線防止剤入りのタイヤワックスも発売されるようになってきましたので

そちらをお勧めします。タイヤのヒビは紫外線によるものということを理解して頂ければうれしいです。

これ長年の経験からです。

アジアンタイヤのメリット

私は1995年から、イロイロなアジアンタイヤを試乗してきました。

ですが、あまりにもタイヤ性能が悪すぎて、とても勧められるタイヤではありませんでした。

2007年頃から、アジアンタイヤもプレミアムタイヤを発売するレべルに

アジアンタイヤの性能が飛躍的に上がったキッカケが、実は日本の円高だったのです。

超円高時代、日本でタイヤを作って海外に輸出では、あまりにも値段が高くなり過ぎて

売れないという危機感から、アジア諸国に生産拠点または業務提携というカタチで

人件費の安いアジア諸国でタイヤを生産することに

これが技術の流出になり、アジアンタイヤの性能を飛躍的にアップしてしまった結果になりました。

今の時代のアジアンタイヤのメリットは、そこにあります。

激安価格なのに高性能なタイヤであるというところです。

今では国産タイヤの1/3~1/4で、ハイグリップタイヤが買えてしまうほど

高性能なアジアンタイヤも発売されるようになってきました。

コチラを参考に

私もアジアンタイヤの価格を始めて見た時は、あまりの安さにビックリしました。

きっとタイヤの値段を見たら、その安さに驚きます!

↓↓↓↓入口はコチラから↓↓↓↓ 


タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月17日

アジアンタイヤの特徴とメリット、デメリットでした!

タグ

2018年12月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アジアンタイヤ

サーキットラップタイムを縮めるにはタイヤのグリップを上げることなんです。

サーキットを楽しむには、安全に速く走ることです。

すなわちサーキットでラップタイムを縮めたいということになります。

まずは足回りのセッティング

そのために足回りを車高調を入れ、前後の荷重バランスを変えたり

バネレートを変えたり、減衰力を変えたりして

自分が運転しやすいように、チューニングしていきます。

これもサーキットを楽しむ1つではないでしょうか。

次にブレーキのチューニング

乗りやすい足回りが決まってくると、コーナーリングスピードが上がってきます。

コーナー出口のスピードが上がってくるということは

ストレートスピードも上がるということですよね。

そうなると次のコーナー手前のブレーキングでプラスされた速度を

減速しなければなりません。

そこでブレーキパッドがノーマルですと、より手前からブレーキペダルを強く踏むようになります。

ブレーキペダルを踏む時間が長く、そして強く踏むということは

ブレーキパッドの温度が上がることになります。

ノーマルブレーキパッドは、サーキット走行を想定していないので

ブレーキパッド表面温度が約400度が限界なのです。

この温度を超えると、表面から焼けてしまい、スス状になってしまい

フェード現象になってしまいます。

ブレーキパッド自体の摩擦係数が減ってしまい、ブレーキを掛けても

制動力が得られなく現象で、ブレーキが滑る症状になってしまいます。

こうなるとサーキットを楽しむどころではありません。

ということにならないように、ブレーキパッドをスポーツパッドに変更しましょう。

ショートサーキットの場合は、スポーツパッドのみで楽しめますが

時速200キロ越えの高速サーキットになると、

ノーマルブレーキローター、ブレーキキャリパー自体の容量が足りなくなるので

容量の大きなブレーキキャリパーとローターが必要になります。

走るステージでブレーキチューニングをしましょう。

車の軽量化

サーキットタイムを縮めるため有効なのが、車の軽量化で

車のトータル性能を上がるということなのです。

車の基本性能の走る・曲がる・止まるが車が軽くなることでアップするからなのです。

最終的にはタイヤのグリップに掛かっています

全てのセッティング等はタイヤをいかにグリップさせるかなのです。

車の性能を最終的に路面に伝えるのが、タイヤなのです。

タイヤの違いによるタイムの違い、これが一番ハッキリ分かります。

車のセッティングが同じでも、スタッドレスタイヤとハイグリップタイヤ

どちらが速いタイムが出せますか?

お分かりですよね。間違いなくハイグリップタイヤです。

同じタイヤで、ドライ路面とウエット路面

どちらが速いタイムが出せますか?

これも間違いなくドライ路面ですよね。

すなわちサーキットタイムは最終的には、タイヤ選びになるということなのです。

ですがここで問題が出ます。

私も苦しみましたが、ハイグリップタイヤは摩耗が早く

値段が高くてお金が追いつかなくなってしまうということです。

特に、国産S(セミスリック)タイヤですと、タイヤ1本が3~4万円

それを4本になると、かなりの金額です。

しかもサーキットでは、走行時間が2~4時間で

タイヤが終わってしまいます。

午前中15分4回で1時間走行、午後15分4回で1時間走行

1日で2時間走行というのは、普通の走行時間なのです。

ということは、サーキット走行会2回でタイヤが終わってしまうことなのです。

こうなると、かなりお財布に厳しい状況になることは、お分かりですよね(汗)

毎回サーキット走行を楽しんだあと、タイヤを見ると

次回またお金が掛かるのか~と。かなり悩んでいました。

そのタイヤの悩みをなんとかしようと、2007年から

安くてグリップするタイヤはないのかを徹底的に試乗し調べていました。

そこで、サーキットでも使える安くてハイグリップするタイヤを見つけました。

タイムアタックして、ベストタイムが良かった順にランキングしています。

コチラを参考に⇒アジアンタイヤ・ハイグリップランキング

サーキットを楽しむ方のタイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

更新日:2019年11月09日

サーキットラップタイムを縮めるにはタイヤのグリップを上げることなんです。でした!

タグ

2018年12月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキット

ROADSTONE(ロードストーン)N5000Plusタイヤ性能評価と特徴

ROADSTONE N5000Plusタイヤの特徴

NEXEN N5000Plusが減ったので、ROADSTONE N5000Plusに

履き替えましたと知人が乗ってきました。

試乗してみてと・・・ありがとうございます感謝感謝です。

なんだかこの頃、ROADSTONタイヤを乗る機会が多くなっているような気がしますね!

タイヤカテゴリーはコンフォートタイヤです。

ROADSTON N5000Plusタイヤデザイン

ROADSTONE N5000Plusのトレッドパターンは、こんな感じ

トレッドパターンが細かいのが、コンフォートタイヤの特徴の1つです。

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

ROADSTONE(ロードストーン)タイヤは、

韓国の大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)の

セカンドブランドとして、主に欧米市場に販売されています。

ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤです。

ROADSTON N5000 PLUS(エヌゴセン プラス)は、剛性ブロックにより、

高速走行安定性と操作性が向上しました。

また、均整のとれたブロック設計とトレッドデザインにより耐久性の向上、

静粛性が向上し、快適な乗り心地を提供します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

N5000Plusタイヤの実力はどうなのでしょう。

ROADSTONE N5000Plusタイヤ性能評価・一般道レビュー

今回試乗したタイヤは18インチなのですが

乗り心地と静かさは驚きますね!

18インチになると硬さと、ロードノイズは多少犠牲になるのが普通ですが

このN5000Plusは、本当に18インチなのというぐらい乗り心地と静かさはイイです。

一般道なら充分満足できるタイヤです。

ROADSTONE N5000Plusタイヤ性能評価・高速道路レビュー

次に高速道路のレビューです。高速道路の合流手前からフル加速、

縦のグリップはかなりありそうです。

合流してからすぐにETCゲートを通過して、今度はゆっくり加速で

ロードノイズのチェックです。

速度が上がると、うるさくなるタイヤもあるので

コンフォートタイヤの重要なところなので、耳を澄ませてチェックです。

速度が上がっても、N5000Plusは静かですね。

それと乗り心地もとてもイイです。

ROADSTONE N5000Plusタイヤ性能評価・首都高速レビュー

ETCゲートをさらに通過し、今度は首都高へ

継ぎ目の段差を何度も乗り越えた感想は、柔らかいというのが感想です。

とても18インチとは思えない乗り心地です。

さてコーナーを攻めてみると、確かにグリップ力はあるのですが

コーナー出口に向かって、ステアリングを戻したとき

外タイヤの荷重が抜けた時の剛性のなさが目立ちます。

コンフォートタイヤにそこまで求めるのが間違いかな!

確かにN5000よりN5000Plusの方が横剛性は上がっていますが

もう少し横剛性が欲しいところです。

確かに普通に運転すれば普通なんですが(笑)

攻めた時の動きが・・・

N5000Plusの18インチだと、空気圧を高めにした方が、

グニャリ感を消せてイイのかもしれません。

かなり静かさと乗り心地にこだわったタイヤということは、

充分確認できました。

これだけ静かで乗り心地の良いタイヤに仕上げているレベルには

驚きました。静かさは国産タイヤレベルでした。

ROADSTONE N5000Plusのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE N5000 Plus

更新日:2019年11月14日

ROADSTONE(ロードストーン)N5000Plusタイヤ性能評価と特徴でした。

タグ

2018年12月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ROADSTONEタイヤ コンフォートタイヤ

このページの先頭へ