NEUTON NT5000タイヤサーキット試乗性能レビュー

NEUTON NT5000タイヤサーキット性能レビュー

NEUTON NT5000

タイヤカテゴリー(スポーツタイヤ)

インチサイズ(15インチ~19インチ)

2006年に設立されたタイヤブランドNEUTON(ニュートン)

80カ国以上の国で販売、すべての国で高い評価を得て支持されています。

同社は、モータースポーツで磨いた安全性と静粛性に優れた高品質タイヤをユーザーに提供するため、

最新技術を駆使し商品開発を行っています。

NT5000は、4本の縦溝と独自のシリカ配合物を調合することにより、

ハイドロプレーニング現象を軽減、排水を強化し、ドライバーの安全性を高めます。

というメーカーさんのセールストークです。

NEUTON NT5000タイヤデザイン

NEUTON NT5000のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NEUTON NT5000の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NEUTON NT5000タイヤ サーキット試乗性能レビュー

なんだか、まったく知らなかったタイヤメーカーですが

サーキット試乗タイヤ性能レビューです。

値段を聞くと、全くやる気が出ない価格の安さですが(笑)

大丈夫なのか~このタイヤ・・・

サーキットは、一般公道と同じアスファルトを使っている

ヒーローしのいサーキットです。

気温は6度、この温度だと、タイヤは基本データー的に

グリップする温度ではありません。

さて走り始めて、あれ・・・このタイヤ

この低温からでも結構グリップするのか~

ちょっと驚きです。

3周目を過ぎてからタイムアタック

激安タイヤと聞いていましたが

結構グリップありますね!

5周目あたりから、イイ感じになってきました。が?

ヘアピンとS字を抜ける時に違和感が・・・

このタイヤ、タイヤが倒れるぐらいのグリップあるのかい~

タイムを見ると51秒前半~50秒後半でしたが

ヘアピンとS字のタイムを上げないと50秒切りは無理だよな~

ということで、ピットイン

エアー圧を計ると、280Kpa

あの倒れ方だと思わず雰囲気的に320Kpaまで上げて~と

叫んでしまいました。

その後の走行は、とってもイイ感じで走行できました。

グリップタイヤに入る50秒を切ることができました。

このタイヤエアー圧がキモですね。

横剛性が弱い分、空気圧を上げないとタイムが出ません。

それにしても、この安さで、これほどのタイムが出るとは

ウレシイの一言です。

NEUTONタイヤというタイヤメーカー

歴史がまだ浅いタイヤメーカーさんですが、

タイヤ技術はスゴイと思い知らされました。

NEUTON NT5000のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

NEUTON NT5000タイヤサーキット試乗性能レビューでした。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2018年12月26日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:NEUTONタイヤ スポーツタイヤ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ