BRIDGESTONE(ブリヂストン) TECHNO SPORTSタイヤ性能評価と特徴

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSの特徴

ブリヂストンTECHNO SPORTSという

見たことも聞いたこともないブリヂストンのタイヤ?

見てみると、インドネシア製でした。

値段を確認してみると、この値段の安さでブリヂストンなの(驚)

この頃タイヤメーカーさんも、生産拠点をアジア諸国にシフトしているので

特別驚くことはありませんが、ダンロップファルケンさんも

インドネシア製のタイヤを、堂々と販売していますから

生産国は違っても、生産する機械は日本製、技術も日本の技術ですからね!

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSタイヤのデザイン

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

TECHNO SPORTS(テクノ スポーツ)は、稲妻を思わせるトレッドパターンの採用で、

排水性・トラクション性能が向上。街乗りに適したスタイリッシュなデザインです。

また、5ピッチ可変ブロック構造により、走行ノイズと偏摩耗を低減します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

BRIDGESTONE TECHNO SPORTS性能評価レビュー

TECHNO SPORTSを試乗

一般道ではどうなのでしょう。

なかなか静かなタイヤという感想です。

乗り心地もスポーツタイヤとしてはマイルドで突き上げ感もあまりありません。

コーナーを攻めてみると、切り始めの反応はとてもイイ感じですね。

ちょっと一般道では、タイヤ性能が分からない感じですが

普通に走る分には、結構快適に走れますね!

TECHNO SPORTS高速道路評価

ETCゲートを抜けて、いつものインターチェンジのスプーンカーブです。

う~んなんだか・・・まあこの挙動は、首都高を走ればハッキリ分かるので

コメントは後にします。

合流手前で速度を上げて行くと、多少パターンノイズが大きくなるのが目立つ感じです。

1世代前の国産タイヤもそうでしたが、最新の技術はこのタイヤには使っていないようです。

でも直進安定性、レーンチェンジは問題なく快適に走れます。

TECHNO SPORTS首都高評価

もう一つのETCゲートを過ぎて、いよいよ首都高速です。

路面が悪く、継ぎ目の段差もあるので、タイヤ性能が一番分かる道路です。

段差をいくつも乗り越えると、おさまりはイイです。

突き上げ感もほとんどありません。

さてスポーツタイヤとしての実力はどうなのでしょう。

コーナーを攻めてみると、切り始めの反応はイイのですが

荷重が外のタイヤに掛かってから、ちょっとグニャリ感がありますね。

ポテンザのようなダイレクト感は残念ながらありません。

いくつかのコーナーを攻めてみると、グリップはそんなに高くはありません。

コーナー中に左足ブレーキで前荷重にしてみると

リヤの限界はこんなものなのというレベルです。

いきなり流れるという限界の低さではありませんが

どうしてもブリヂストンのスポーツタイヤだと、

ポテンザと比べてしまいますが、ポテンザの称号は全くもらえないタイヤということが分かりますね!

比較で分かりやすいのが、ディレッツァDZ101のグリップより

チョット下のグリップという感じでした。

走りを楽しむにはチョットグリップ力が足りないかなという感じです。

普通に使う分には、ファッション性も良く、快適なスポーツタイヤです。

サーキット走行には向いていないタイヤですが、ドリフト練習にはイイかもしれません。

何しろ値段が安いので!とてもブリヂストンタイヤの価格とは思えない安さです

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSの価格は

コチラから⇒TECHNO SPORTS

更新日:2019年05月26日

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSタイヤ性能評価と特徴でした!

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2018年12月23日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:スポーツタイヤ ブリヂストンタイヤ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ