タイヤサイズの見方 タイヤサイズの説明

タイヤサイズの見方

タイヤの側面には、イロイロな表記がされていますが

重要なのがタイヤサイズです。

タイヤサイズ215/45R17ので説明しますね。

まずは215という数字ですが

タイヤ幅が215mmという意味です。

この数値が大きくなればタイヤは太くなり

小さくなればタイヤは細くなります。

 

215/45R17

次に45という数字ですが

タイヤ幅215mmに対して45%の高さがありますという意味で

偏平率45と呼んでいます。

この数値が小さくなればなるほど、タイヤは薄くなり、乗り心地も悪化します。

そしてタイヤの直径も小さくなります。

 

215/4517

次のRという文字は

タイヤ内部構造がラジアル構造という意味なので

タイヤサイズとは関係ありません。

今のタイヤのほとんどがラジアル構造なので、気にすることはありません。

215/45R17

最後の17という数値は

ホイールのインチサイズです。

ホイールの直径が17インチですよという意味です。

 

当然タイヤのインチとホイールのインチが違えば

ホイールにタイヤを組むことはできません。

タイヤサイズの見方が分かりましたか

この3つの数字がタイヤサイズになりますので覚えておきましょう。

タイヤサイズの見方 タイヤサイズの説明でした。

大人気のアジアンタイヤ

激安タイヤならオートウェイ

ここでアジアンタイヤの価格を確かめてください。

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

タイヤサイズの見方 タイヤサイズの説明でした!

タグ

2018年1月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識 タイヤ用語説明

このページの先頭へ