タイヤアルミ インチアップのメリットとデメリット

タイヤアルミ インチアップのメリット、デメリットの説明

タイヤアルミのインチアップはメリットとデメリットがあります。

インチアップのメリットは、ホイールが大きくなるので

見た目の迫力がでるというところです。

その他にも、タイヤサイズが太くでき、コーナーグリップ力が

上がるとともに、直進安定性が良くなります。

インチアップはタイヤの外径を変えずに

ホイールを大きくするのでタイヤは偏平になるので

ステアリングの切り初めから反応してくれるようになります。

タイヤサイズの説明です。

タイヤの偏平率は、タイヤ幅に対して何%の高さがあるかという表記です

例えば、215/45R17のタイヤサイズで説明すると

215/45R17

タイヤ幅が215mm

 

215/4517

タイヤ幅215mmに対して45%の高さ⇒偏平率45

Rという文字はタイヤ内部構造がラジアル構造という意味なので

タイヤサイズとは関係ありません

 

215/45R17

そして17はホイールのインチサイズ⇒ホイールの直径が17インチ

という意味です。

インチアップはタイヤの外径を変えないことが基本です

インチアップは、タイヤの外径を変えずにというのは

外径が変わってしまうと、

スピードメーターに大きな誤差が出るため

車検が通らなくなってしまうからです。

タイヤの外径を変えずにホイールを大きくするので

タイヤの偏平率は小さくなります。

インチアップのメリットは見た目の迫力

高速安定性、グリップ力のアップ、

タイヤの反応時間のアップなどがあげられますが

デメリットもあります。タイヤが偏平になるので

乗り心地は悪化してしまいます。

これも踏まえて、インチアップをしましょう。

タイヤアルミのインチアップのメリット、デメリットをまとめると

インチアップのメリット

◆見た目のファッション性アップ

◆自分の車を見つけやすくなります。

◆タイヤ幅が増えるので直進安定性が増します。

◆タイヤが偏平になるので、初期応答性が良くなります。

◆タイヤのグリップ力が上がりコーナーリングスピードを上げられます。

◆タイヤのグリップ力が上がった分、急ブレーキ時、制動距離が短くなります。

インチアップのデメリット

◆タイヤが偏平になるので、乗り心地が悪くなります。

◆タイヤが偏平になるので、パターンノイズが大き目なります。

◆タイヤが大口径になるので、タイヤ価格が高くなります。

以上がタイヤアルミのインチアップ、メリットとデメリットです。

他人とは違った車にして見ませんか?アルミホイールを変えるだけでも

車のイメージはガラリ変わります。

インチアップはメリットとデメリットを考え

ご自分に合ったインチアップをしましょう。

インチアップし過ぎて、乗り心地が悪すぎるので

1インチ下げて、買い直しということもよく聞きますので

インチアップは大きければイイというだけではないので

ご自分の求める性能を追求し、選びましょう

車種からタイヤアルミを検索できます⇒コチラから

更新日:2019年05月17日

タイヤアルミ インチアップのメリットとデメリットでした!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年8月29日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:タイヤ用語説明

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ