激安ハイグリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤ

激安ハイグリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤのご紹介

輸入タイヤの中でも、値段の安いハイグリップタイヤがあることを

ご存知ですか?

今まで国産タイヤしか履いたことがなかったけれど

輸入タイヤはどうなんだろうと、思う方も多いと思います。

ハイグリップタイヤは値段か高いのが、今までの常識でしたが

激安ハイグリップタイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに驚きます。

激安タイヤの中でもハイグリップのアジアンおすすめタイヤ

アジアンタイヤは、技術の進歩により、国産タイヤに引けをとらない

タイヤ性能になっています。しかもタイヤの値段が安いことが

最大のメリットになっています。

NANKANG NS-2Rタイヤ

インチサイズ(13インチ~20インチ)

アジアンタイヤのハイグリップタイヤの中で

最も人気があるのがNANKANG NS-2Rです。

もちろん公道走行もOKのハイグリップタイヤです。

NS-2R(エヌエスツーアール)は、中央の3本の縦溝により排水効率と

ウェット路面でのハンドリングを向上させています。

そして、ユニークなショルダー部分のデザインにより、

タイヤの剛性を高め、不規則なトレッドの摩耗を抑制します。

NANKANG NS-2Rタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

NS-2Rの試乗性能レビューも参考に

コチラから⇒NANKANG NS-2Rの一般道、高速道路、首都高レビュー

 

NANKANG AR-1タイヤ

インチサイズ(13インチ~18インチ)

AR-1(エーアールワン)は、サーキット走行を前提にドライグリップ性能を

極限まで高めたハイグリップタイヤです。

トレッド面のブロックとショルダー部分の剛性を高めており、

コーナーでも安定したグリップ力を発揮します。

コチラも公道走行OKのハイグリップタイヤです。

NANKANG AR-1タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

AR-1の試乗性能レビューも参考に

コチラから⇒NANKANG AR-1タイヤの一般道、高速道路、首都高レビュー

激安ハイグリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤでした。

タグ

2017年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ ハイグリップタイヤ

激安グリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤ

激安グリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤのご紹介

輸入タイヤの中でも、値段の安いグリップタイヤがあることを

ご存知ですか?

今まで国産タイヤしか履いたことがなかったけれど

輸入タイヤはどうなんだろうと、思う方も多いと思います。

一般的にはスポーツタイヤと呼ばれています。

激安タイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに驚きます。

激安タイヤの中でもグリップ力のあるアジアンタイヤのおすすめタイヤ

アジアンタイヤは、技術の進歩により、国産タイヤに引けをとらない

タイヤ性能になっています。しかもタイヤの値段が安いことが

最大のメリットになっています。

人気順にご紹介します。

ATR SPORTタイヤ

インチサイズ(17インチ~20インチ)

激安タイヤでありながら、グリップ力がかなりあることが

人気のATR SPORTタイヤです。

安定したグリップ力とコーナリング性能を発揮し

スポーツ走行から街乗りまで幅広く使用できます。

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT

 

NANKANG(ナンカン)NS-2タイヤ

インチサイズ(14インチ~22インチ)

NANKANG S-2は、ドライグリップ性能とウェット性能に優れた

ナンカンのフラッグシップスポーティータイヤです。

機敏なステアリングレスポンス、スポーティーな運動性能と、

快適性がうまくバランスされ適度な静粛性も備えているタイヤです。

NANKANG NS-2タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

 

Pinso Tyres(ピンソタイヤ)PS-91タイヤ

インチサイズ(15インチ~20インチ)

PS-91は、優れたグリップ力を発揮するスポーティーストリートタイヤで

回転方向のあるV字型のパターンデザインが装着車両にスポーティーな印象を与えます。

Pinso Tyres PS-91のタイヤサイズと価格は

コチラ⇒ピンソタイヤPS-91

 

MAXTREK(マックストレック)INGENS A1タイヤ

インチサイズ(14インチ~20インチ)

INGENS A1(インジェンス )は、ドライ、ウェットどちらの路面においても

優れたグリップ性と操縦性を発揮し、ドライバーに運転の楽しさを教えてくれます。

MAXTREK INGENS A1タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MAXTREK INGENS A1

アジアンタイヤの価格を見たらそのあまりの安さに、驚きます。

タイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

激安グリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤでした。

タグ

2017年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ スポーツタイヤ

NITTO(ニットー)タイヤの種類 TOYOタイヤの海外輸出ブランド

NITTO(ニットー)タイヤの種類

TOYOタイヤの海外輸出向けブランドのNITTO(ニットー)タイヤ

米国でコアなファンに支持を受けていてデザイン性、革新性をコンセプトとした、

ラグジュアリースポーツカーやSUV向けの大口径タイヤが充実しています。

他タイヤメーカーは、絶対にない

斬新なトレッドパターンで高性能なNITTOタイヤの種類です。

トレッドパターンを見ると、他のタイヤメーカーにはできない

斬新さがあります。

INVO(インヴォ)タイヤ

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイズ(17インチ~24インチ)

INVO(インヴォ)は、ドライでもウェットでも、

高性能で力強く走り抜け、最新技術とパターン設計で

快適な乗り心地と静粛性を実現。

高性能と静粛性を両立したラグジュアリー・スポーツタイヤです。

INVOタイヤのデザイン

INVOタイヤのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

INVOタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NITTO INVO

 

NEOテクGENタイヤ

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイズ(18インチ~22インチ)

NEOテクGEN(ネオテクジェン)は、「アート・オブ・タイヤ」というコンセプトで開発され、

テクノロジーとアートを高い次元で融合した革新的デザインのプレミアムタイヤです。

偏摩耗に対する耐久性に優れ、ドライ路面、ウェット路面どちらでも高いコーナリング性能、

トラクション性能を発揮します。

NEOテクGENのタイヤデザイン

NEOテクGENのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NEOテクGENタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NITTO NEOテクGEN

 

NT420Sタイヤ

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(20インチ~22インチ)

NT420S(エヌティーヨンニーマルエス)は、

ドライ、ウェットでの性能と静かで快適な乗り心地を両立。

アグレッシブな独自のトレッドパターンを持つSUV専用タイヤです。

NT420Sのタイヤデザイン

NT420Sのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NT420Sタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NITTO NT420S

 

NT421Qタイヤ

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイズ(17インチ~20インチ)

NT421Q(エヌティヨンニーイチキュー)は、

ウェット性能を高め、従来通りの摩耗ライフを両立、

高剛性プライトッピングでハンドリング性能と快適性を実現。

静粛性に優れたSUV専用ラグジュアリー低燃費タイヤです。

NT421Qのタイヤデザイン

NT421Qのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NT421Qタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NITTO NT421Q

 

NT555 G2タイヤ

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイズ(17インチ~22インチ)

NT555 G2(エヌティーゴーゴーゴー ジーツー)は、

長らく人気を博したNT555に代わる

新世代のUltra High Performanceタイヤとして、

NT555のエッセンスを継承し、

洗練されたアグレッシブなトレッドパターンデザインと

スタイリッシュなサイドウォールデザインをもち、

NT555から操縦安定性とウェットブレーキング性能を向上し、

世代を問わないタイヤとしてハイエンドカーオーナーを魅了します。

NITTO NT555G2のタイヤデザイン

NITTO NT555 G2のトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NT555 G2タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NITTO NT555 G2

 

NT830タイヤ

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(15インチ~20インチ)

NT830(エヌティーハチサンマル)は、

優れた高速スタビリティと静粛性・快適な乗り心地を両立。

革新的なタイヤ設計でデザイン性とノイズ低減を実現。

NT830のタイヤデザイン

NT830のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

NT830タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NITTO NT830

 

TERRA GRAPPLERタイヤ

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)

インチサイズ(16インチ~22インチ)

TERRA GRAPPLER(テラ グラップラー)は、

高いトラクション性能とハンドリング性能を発揮。

見た目からは想像できない静かで快適な乗り心地。

幅広い気象条件で走るオールテレーンタイヤです。

TERRA GRAPPLERのタイヤデザイン

TERRA GRAPPLERのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

TERRA GRAPPLERタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NITTO TERRA GRAPPLER

TOYOタイヤの海外輸出向けブランドのNITTOタイヤ

トレッドパターンが独創的で、他タイヤメーカーには無い魅力が

アメリカで支持を受けているタイヤです。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NITTOタイヤの種類でした

タグ

2017年8月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NITTOタイヤ ニットータイヤ 国産タイヤ

タイヤアルミ インチアップのメリットとデメリット

タイヤアルミ インチアップのメリット、デメリットの説明

タイヤアルミのインチアップはメリットとデメリットがあります。

インチアップのメリットは、ホイールが大きくなるので

見た目の迫力がでるというところです。

その他にも、タイヤサイズが太くでき、コーナーグリップ力が

上がるとともに、直進安定性が良くなります。

インチアップはタイヤの外径を変えずに

ホイールを大きくするのでタイヤは偏平になるので

ステアリングの切り初めから反応してくれるようになります。

タイヤサイズの説明です。

タイヤの偏平率は、タイヤ幅に対して何%の高さがあるかという表記です

例えば、215/45R17のタイヤサイズで説明すると

215/45R17

タイヤ幅が215mm

 

215/4517

タイヤ幅215mmに対して45%の高さ⇒偏平率45

Rという文字はタイヤ内部構造がラジアル構造という意味なので

タイヤサイズとは関係ありません

 

215/45R17

そして17はホイールのインチサイズ⇒ホイールの直径が17インチ

という意味です。

インチアップはタイヤの外径を変えないことが基本です

インチアップは、タイヤの外径を変えずにというのは

外径が変わってしまうと、

スピードメーターに大きな誤差が出るため

車検が通らなくなってしまうからです。

タイヤの外径を変えずにホイールを大きくするので

タイヤの偏平率は小さくなります。

インチアップのメリットは見た目の迫力

高速安定性、グリップ力のアップ、

タイヤの反応時間のアップなどがあげられますが

デメリットもあります。タイヤが偏平になるので

乗り心地は悪化してしまいます。

これも踏まえて、インチアップをしましょう。

タイヤアルミのインチアップのメリット、デメリットをまとめると

インチアップのメリット

◆見た目のファッション性アップ

◆自分の車を見つけやすくなります。

◆タイヤ幅が増えるので直進安定性が増します。

◆タイヤが偏平になるので、初期応答性が良くなります。

◆タイヤのグリップ力が上がりコーナーリングスピードを上げられます。

◆タイヤのグリップ力が上がった分、急ブレーキ時、制動距離が短くなります。

インチアップのデメリット

◆タイヤが偏平になるので、乗り心地が悪くなります。

◆タイヤが偏平になるので、パターンノイズが大き目なります。

◆タイヤが大口径になるので、タイヤ価格が高くなります。

以上がタイヤアルミのインチアップ、メリットとデメリットです。

他人とは違った車にして見ませんか?アルミホイールを変えるだけでも

車のイメージはガラリ変わります。

インチアップはメリットとデメリットを考え

ご自分に合ったインチアップをしましょう。

インチアップし過ぎて、乗り心地が悪すぎるので

1インチ下げて、買い直しということもよく聞きますので

インチアップは大きければイイというだけではないので

ご自分の求める性能を追求し、選びましょう

車種からタイヤアルミを検索できます⇒コチラから

タイヤアルミ インチアップのメリットとデメリットでした

タグ

2017年8月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ用語説明

サーキットでタイムが良いアジアンタイヤ

安くてサーキットでタイムが良かったアジアンタイヤのご紹介

サーキットでは、足回りのセッティングが決まると

最終的にタイムアップするためには

タイヤのグリップに掛かってきます。

このページを見ているあなたは、

サーキット経験者で、もっとタイムを良くしたいという思いで

このページに、たどり着いていると思います。

今のアジア諸国では、スポーツカーブームにより

アジアンタイヤからもハイグリップタイヤが

発売され、日本に入って来るようになりました。

待ちに待った安価でグリップ力を持つハイグリップタイヤです。

ただし、一つ注意して頂きたいことがあります。

国産ハイグリップタイヤ、ネオバ、プロクセスR1R、ディレッツ、ポテンザシリーズより

確かにグリップ力はありますが、国産ハイグリップタイヤは

ある程度の静かさを持っているのが国産ハイグリップタイヤです。

国産ハイグリップタイヤは、静かなタイヤではありませんが

うるさいという不満がでないレベルで作ってあります。

その点、アジアンタイヤのハイグリップタイヤは、

静かさは一切ありません、ハッキリ言って、うるさいタイヤです。

その分グリップ力も上げられるのは当然なんです。

ですので、ハイグリップタイヤでも、一般道では

ある程度快適にと思っている方は、アジアンハイグリップタイヤは

オススメできません。

S(セミスリック)タイヤほどの、うるささはありませんが

うるさいタイヤであることには、間違いありません。

なので、安くてもグリップ力があれば、うるさくても気にしないという方のみに

履いてもらいたいのが、アジアンハイグリップタイヤです。

うるさいタイヤは嫌だという方は、高くても国産ハイグリップタイヤを履いた方がイイと思います。

一般公道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤ

NANKANG NS-2Rです。

低温からでもグリップしますし、このパターンで

雨の日のウエット路面にも強いちょっと不思議なハイグリップタイヤです。

グリップ力は半端ではありませんが

最大の魅力は、これだけのグリップ力を持っていながら

低価格ということです。

国産ハイグリップタイヤは買えないけど

このNS-2Rなら、充分買える値段だと思います。

値段を見たら、その安さに驚くと思います。

管理人も履いています。

グリップ力には驚きました。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG NS-2R

アジアンタイヤに中では最強のグリップ力を持つハイグリップタイヤ

NANKANG AR-1です

タイヤのトレッドパターンを見るだけで

グリップするって分かると思います

コチラがNANKANG AR-1タイヤです

見るだけで、グリップするタイヤだということが

分かると思います。

コチラも一般公道からサーキットまで使えるサーキットタイヤです。

残り溝が1.6mm以上あれば、車検も通ります。

ですが、このAR-1乗り心地や静かさは全くありませんので

快適性も少し欲しい方は、選ばない方がイイと思います。

グリップ力最優先の方には、待ちに待ったオススメです。

NANKANG AR-1のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG AR-1

サーキットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

サーキットでタイムが良いタイヤ アジアンタイヤでした。

タグ

2017年8月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ

このページの先頭へ