ホワイトリボンタイヤの種類 アジアンタイヤ

ホワイトリボンタイヤが1BOX車に人気上昇中 アジアンタイヤ

ホワイトリボンタイヤの歴史は⇒コチラから

ホワイトリボンタイヤは、あまり見られなくなりましたが

今では1BOXのハイエース、キャラバンのオーナーさんに人気上昇中です。

もちろん4ナンバーのバン用ラジアルも出ているので、

人気が出ているのでしょう。

さらに軽自動車サイズも登場したことにより、

軽自動車にも、人気が出始めています。

ホワイトリボンタイヤは、基本コンフォートタイヤなので

静かさと他の同車種と見た目デザインを変えたいというのが人気の秘密です。

ホワイトリボンタイヤの種類 アジアンタイヤ

ホワイトリボンタイヤは、販売数が少ないため

値段が高いのが常識ですが、アジアンタイヤなら激安で選べます。

TRAVELSTAR UN106.WSW(13インチ~17インチ)

TRAVELSTAR UN106 WSWは、

オーソドックスなブロック構造ですが静粛性があり、

トレッドに配置された溝は排水性の向上に貢献します。

濡れた路面でもコーナリング性能とトラクション性能に優れた

ホワイトリボンタイヤです。

トラベルスターUN106WSWのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒TRAVELSTAR UN106.WSW

 

RADAR RLT71.WSW(バン用ラジアル)

Radar RLT71.WSWは、商用車・バン用でありながら、

静粛性が高く、優れた乗り心地を提供してくれます。

また耐久性も高く、偏摩耗への耐性にも優れています。

レーダーRLT71WSWのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒Radar RLT71.WSW

 

NANKANG RX615 WSW(軽自動車タイヤ)

RX615WSWは、従来のナンカンのコンフォートタイヤよりも

静粛性と快適性を向上させた最新コンフォートタイヤです。

ウェット性能、燃費性能、ハンドリング性能、耐久性にも優れています。

ナンカンRX615WSWのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615 WSW

ホワイトリボンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ホワイトリボンタイヤの種類 アジアンタイヤでした。

 

タグ

2017年6月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ホワイトリボンタイヤ

SUVタイヤとは アジアンSUVタイヤ性能

SUVタイヤとは

SUV(スポーツ ユーティリティ ビークル)の略で、

スポーツ用多目的車のタイヤでSUVタイヤと呼ばれています。

走破性がある実用性の高い車で

一般的には4×4車として、雪道が強い車なので

人気が高くさらに、小型車、中型車、大型車の

ラインナップが増えてきたことで、

SUVタイヤの需要が急激に伸びています。

SUVタイヤの種類

SUVタイヤは使う用途によって、タイヤが異なります。

H/T(ハイウエイ トレーン高速道路を得意とするタイヤです。

S/T(ストリート トレーン)街中を快適に走れるタイヤです。

S/T(スポーツ トレーン)同じS/Tですが、コチラは新たに加わった種類で

スポーツ走行を得意とするタイヤです。

A/T(オール テレーン)オンロード、オフロード両方のオールラウンドタイヤです。

M/T(マッド テレーン)オフロードを得意とするタイヤです。

趣味でオフロードを走る方があまり居なくなってしまったため

A/TタイヤとM/Tタイヤを選ぶ方は、かなり少なくなってきています。

逆にH/TタイヤとS/Tタイヤが人気で、SUV車の種類が増え

コンパクトカーから中型車、大型車を含めると、販売が好調で

台数が増え続けているので、

H/TタイヤとS/Tタイヤを選ぶ方が急激に増えています。

SUVタイヤは大口径なので価格が高い?

そうなんです。SUVタイヤは大口径タイヤが純正で

装着されているため国産タイヤの値段を聞くとビックリ価格(汗)

でも大丈夫です。アジアンタイヤなら、高性能で低価格な

SUVタイヤの種類が豊富なので、使用目的に合わせて

タイヤ選びができます。

SUVタイヤで人気のあるタイヤをランキングしています。

コチラから⇒SUVタイヤランキング

アジアンSUVタイヤの価格を見たら

そのあまりの価格の安さに、驚くと思います。

SUVタイヤとは アジアンSUVタイヤ性能でした

 

タグ

2017年6月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識 SUVスタンダードタイヤ SUVスポーツタイヤ

峠でも使える激安タイヤ アジアンタイヤ

峠でも使えるハイグリップ激安タイヤ アジアンタイヤ

アジアンタイヤの中でも、

ハイグリップタイヤが発売されようになってきました。

一番うれしいのが、ハイグリップタイヤなのに

値段が激安というところが、アジアンタイヤの魅力でもあります。

峠だけではなく、そのアジアンタイヤ性能はサーキットでも

好タイムをマークしてしまうというハイグリップアジアンタイヤです。

その前に峠での性能ですが、もちろん何が言いたいかというと

一般路面のアスファルト路面のグリップ力が低温から凄いということです

ハイグリップタイヤは一般的に、タイヤを暖めないと

グリップ力は出てきませんが、発売されたアジアンハイグリップタイヤは

低温からでも、グリップ力があるのには驚きました。

そして、ハイグリップタイヤの特徴でもある、

限界時グリップを失ったときのコントロール性も抜群です。

グリップが抜けても、滑りながらグリップをしている感じです。

この性格は、セミスリックタイヤ(Sタイヤ)にとても似ています。

とにかくコーナーで、やばいオーバースピードだ~

テールスライドをし始めても、抜ける感覚がなく

とても安心感があるタイヤなんです。

良いところばかり書いていますが

このハイグリップアジアンタイヤはデメリットもあります。

乗り心地と静粛性は最悪です。

硬いし、パターンノイズはうるさいです。

とにかくグリップオンリーのタイヤなので

乗り心地とかうるさいタイヤなんて気にせず

グリップ力が高ければイイという方だけ

履いて頂きたいハイグリップアジアンタイヤです。

ここでハイグリップアジアンタイヤを2種類紹介します。

写真を見ればどちらがグリップ力があるかは

分かると思います。

NANKANG NS-2R

タイヤサイズと価格はコチラから⇒NS-2R

このタイヤを始めてはいた時は

グリップ力の高さと剛性感に感動しました。

国産ハイグリップタイヤ性能を超えたと思いしらされました。

なぜ国産ハイグリップタイヤのグリップ力を超えたかというと

国産ハイグリップタイヤは、ある程度の静粛性を持っているため

グリップ力を落とす結果になったのでしょう。

それに対して、NANKANG NS-2Rは

乗り心地と快適性を捨て、グリップオンリーに

特化したタイヤなので、グリップ性能だけは凄いタイヤです。

そしてNANKANG NS-2Rのグリップ力を

さらにしのぐハイグリップアジアンタイヤが発売されました。

NANKANG AR-1

タイヤサイズと価格はコチラから⇒AR-1

2017年6月にサイズラインナップが

4種類から19種類に増え、ほとんどのスポーツタイプの

車種タイヤサイズが増えたことで、

人気が爆発し、サーキット好きにはたまらない

ハイグリップタイヤと認知されました。

しかも国産ハイグリップタイヤの1/3の価格で

買えてしまうのが、大人気の秘密かもしれません。

峠でも使える激安タイヤ アジアンタイヤでした。

 

タグ

2017年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ

ミニバンタイヤの特徴 アジアンタイヤにミニバンタイヤはあるの?

ミニバンタイヤの特徴 アジアンタイヤのミニバンタイヤ

アジアンタイヤにまだ、ミニバンタイヤという

カテゴリーはありませんが

ミニバンや1BOX車にマッチングが

良いタイヤはありました。

これはかなり長期間調べた結果です。

日本ではミニバン専用タイヤの元祖は、トーヨータイヤのトランパス

1BOXやミニバンは重量があり、車高が高い、

重心が高いという特徴があるため

コーナーでロール量が大きく、

そのためタイヤ自体に大きな荷重に耐えられるタイヤが必要になりますが

だったらバン用ラジアルでも履けばいいのでは???

ということになりますが

そこは快適性、静粛性というものも、

ユーザーとしては、欲しい性能ということになりますよね。

ミニバンタイヤの特徴

ミニバンは車高が高いため

実際コーナー中はタイヤの外側に大きな荷重が掛かるので、

それに耐えられるように、

トレッド部のタイヤの外側に大きな荷重に耐えられる構造と

ゴムを使用することによって、

タイヤ外側の偏摩耗を抑制した

ミニバン専用タイヤが生まれました。

タイヤの内側、外側のサイドウォールの

強度を変えることにより、

ミニバンのコーナーリング時のふらつきや

タイヤの外側の偏摩耗を防止することができるようになりました。

それと共に直進時の乗り心地も確保できるという

メリットが生まれ、ミニバン専用タイヤというカテゴリーが

日本ではミニバンタイヤとして認知されるようになりました。

アジアンタイヤの中でミニバン・1BOXに合うミニバンタイヤ

あるのでしょうか?

知りたいところですよね。

アジアンタイヤには、まだタイヤカテゴリー的に、

ミニバンタイヤというカテゴリーが存在しませんが

ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンの

3台のオーナーさんの協力をえて

アジアンタイヤでミニバンに合うタイヤを探してテストすることに!

その結果はコチラから⇒ミニバンタイヤランキング

ミニバンタイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

ミニバンタイヤの特徴 アジアンタイヤでミニバンタイヤはあるの?でした。

タグ

2017年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識 ミニバンタイヤ

ホワイトリボンタイヤの歴史 アジアンタイヤ

ホワイトリボンタイヤの歴史です

今ではあまり見られなくなったホワイトリボンタイヤ

ホワイトリボンタイヤはタイヤのサイドウォールに

白いラインを装着したタイヤです。

ホワイトリボンタイヤが誕生したのはナゼ?

これはタイヤの歴史が深く関係しているんです。

「タイヤは黒くて丸いもの」というのが現在タイヤの常識ですが、

初期の自動車用タイヤは天然ゴムの白色、

又は輪ゴムと同じ生ゴムの色の飴色していました。

タイヤの原材料となる天然ゴムの色は、

消しゴムを見ていただければ分かると思いますが白色でした。

天然ゴムで作られたタイヤは耐久性に問題があり、

ゴムにカーボンブラック(炭素)を加えて強度を増すアイデアが

1900年頃に生まれました。

1912年にはタイヤトレッド部の天然ゴムに

ブラックカーボン入りの黒いゴムを使用した

自動車用タイヤが初めて市販されました。

タイヤのトレッド部のみの天然ゴムに

ブラックカーボン入りのゴムを使ったため

タイヤはサイドウォールに白色のゴムが残されていたことから

「ホワイトウォールタイヤ」と呼ばれました。

つまりホワイトウォールタイヤは、タイヤの側面を白く塗ったのではなく、

トレッド面にカーボン入りの黒いゴムを使用したことで、

2色のタイヤ外観になったわけです。

2種類のゴムを使うタイヤ生産は生産効率が悪かった

結果的に2種類のゴムを使う訳ですのでタイヤ生産面で

効率が悪いという不都合があったため、

その後カーボンブラックを添加したゴムだけで製造され

真っ黒なタイヤが生産そして市販されました。

真っ黒なタイヤには、違和感が

もともと白かったタイヤが、いきなり黒くなると

ユーザーが違和感を覚えるため、その違和感をなくすため

白いラインを入れた「ホワイトリボンタイヤ」が登場しました。

装飾的な意味合いから製造されたホワイトリボンタイヤは

アメリカでは人気が根強く、1980年代まで

純正装着タイヤに使われていました。

ホワイトリボンタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ホワイトリボンタイヤの種類

ホワイトリボンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ホワイトリボンタイヤの歴史でした。

 

タグ

2017年6月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤカテゴリー タイヤ用語説明 ホワイトリボンタイヤ

このページの先頭へ