ZEETEX(ジーテックス)タイヤの種類 性能レビュー

ZEETEXタイヤの特徴

ドバイのタイヤメーカーZEETEX

タイヤ性能だけではなく環境にも配慮し、

圧倒的な人気を誇る ZEETEX(ジーテックス)タイヤ。

インドネシアで生産することにより

低価格を実現しつつ高性能を実現しているのがZEETEXタイヤです。

ZEETEXタイヤの種類

ZEETEX ZT2000

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(13インチ~16インチ)

ジーテックスZT2000の試乗性能レビューは⇒コチラから

ZT2000のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX ZT2000

 

ZEETEX ZT1000

タイヤカテゴリー(スタンダード(標準)タイヤ)

インチサイズ(13インチ~16インチ)

ジーテックスZT1000のタイヤ試乗性能レビューは⇒コチラ

ZEETEX ZT1000のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX ZT1000

 

ZEETEX HP1000

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(15インチ~18インチ)

ジーテックスHP1000の試乗性能レビューは⇒コチラ

ZEETEX HP1000のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX HP1000

 

ZEETEX HP2000 vfm

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(15インチ~18インチ)

ZEETEX HP2000 vfmの試乗 タイヤ性能レビューは⇒コチラ

ZEETEX HP2000vfmのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX HP2000vfm

 

ZEETEX SU1000vfm

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(18インチ~19インチ)

ジーテックスSU1000vfmの試乗 性能レビューは⇒コチラ

ZEETEX SU1000タイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX SU1000vfm

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ZEETEX(ジーテックス)タイヤの種類・性能レビューでした。

タグ

2017年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ZEETEXタイヤ

RADAR(レーダー)RPX800タイヤ試乗性能評価レビュー

ミニバンに人気のRADAR RPX800タイヤ

インチサイズ(13インチ~18インチ)

シンガポールのグローバルタイヤブランドRADAR(レーダー)

世界初の環境に優しいカーボンニュートラル承認を取得したタイヤブランドです。

RADAR RPX800(アールピーエックス ハッピャク)は、

コーナリング安定性が良くタイヤの中心のリブで高速安定性も向上させます。

トラクション性能にも優れており快適な乗り心地です。

というメーカーさんのセールストークです。

RADAR RPX800のタイヤデザイン

RADAR RPX800のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

RADAR RPX800の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

RADAR RPX800タイヤ試乗評価感想レビュー

知人のステップワゴンでタイヤサイズは195/65R15で

新車装着数NO1のタイヤサイズです。

RADAR RPX800というタイヤ、実際のタイヤ性能はどうなのでしょう?

RADARというタイヤは見た目の仕上がりもイイんですよね。

さすがシンガポール、見た目の仕上がりには、厳しい見たいです。

まずは街乗りですが、乗り心地は少し硬めですが、

心地よい硬さと言った方が正解かな、突き上げ感は全くないので。

タイヤ的には静かな部類に入ります。パターンノイズはほとんど聞こえません。

さてコーナーですが、なるほどあの硬さは、タイヤ剛性だったのね。

ミニバンですが、コーナーはしっかり重量を受け止めキレイに曲がってくれます。

足回りが純正なので、切り初めスプリングのグニャリ感は出ますが

荷重が乗った後は、タイヤがしっかり受け止める感じです。

なんだか国産のあのタイヤに動きが似てるかも!

さて、ミニバンなのでチョット迷いましたが

やはり高速道路テストをすることに

ETCカードを入れ替えて、東名高速にGOです。

高速入口のETCゲートを通過して、インターのきついコーナーを

ステアリングを一定に切り、アクセルオンとアクセルオフを試します。

やはりRADAR RPX800というタイヤ、剛性ありますね。

さて高速の合流手前でフル加速して合流し

速度を一定にして、タイヤノイズはどうなのか

速度が上がると多少タイヤのパターンノイズは大きくなりますが

気になるほどではありません。

レベル的には、コンフォートタイヤではありません。

高速の乗り心地ですが、これが街中よりイイです。

おそらくタイヤの反発速度が速く、路面に追従している感じで

乗り心地がイイです。

それと高速のレーンチェンジも、スプリングの柔らかさは

でますが、その後しっかりタイヤが受け止めている感じ

とても楽なタイヤです。

さて首都高に入り、コーナーです。

コーナーでもタイヤの剛性の強さが発揮されます。

ミニバンなのにコーナー中の安定感は抜群です。

限界グリップは標準より少し上ぐらいのグリップ力かな

でも乗っているとRADAR RPX800というタイヤ

タイヤの性格が、トーヨータイヤのトランパスシリーズの

あのタイヤにそっくりなのは驚きました。

タイヤのトレッドパターンは全く違いますが

正確はほとんど同じでした。

なるほど、なぜミニバンタイヤランキングで

1位になっていたのか、今回分かった気がします。

低価格で、ここまでの性能があったとは

ミニバン専用タイヤではありませんが

ミニバンにピッタリなタイヤというのは

間違いありません。

今回RADAR RPX800を試乗させていただき

なぜミニバンタイヤランキングで上位にいるのかが

ハッキリ理解できたので、なんだかスッキリしました(笑)

ランキングを書いても、

『申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。』

というコメントが、これで一つ減りました(笑)

レーダーRPX800のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>RADAR RPX800

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

RADAR RPX800タイヤ試乗評価レビューでした。

タグ

2017年4月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:RADARタイヤ ミニバンタイヤ

このページの先頭へ