HIFLY(ハイフライ)HP801のタイヤ性能・感想・評価・レビュー!アジアンSUVタイヤ!

HIFLY(ハイフライ)HP801のタイヤ性能・感想・評価・レビュー!20インチタイヤ試乗レビュー!

HP801(エイチピー ハチマルイチ)は、新たにSUV、クロスオーバー車用に設計され、

高い運性能はもちろん、ウェット性能や低燃費性能にも配慮しました。

耐摩耗性と静粛性を追求し、高速走行で安定した走りができます。

というメーカーさんのセールストークです。

HIFLY HP801

インチサイズ(16インチ~22インチ)

HIFLYHF801

HIFLY HP801の性能はどうなのでしょうか?

HIFLY HP801試乗レビュー

今回HIFLY HP801を試乗するのは20インチ

なんだかインチ的には乗り心地と静かさは、期待できない予感です。

なにしろインチが上がれば上がるほど乗り心地は悪く

しかもうるさくなるのは当然なので・・・

さて走り出しは、アレ???

ちょっと予想していたのと、違った感じ

あれ?20インチでここまで静かなタイヤってあったっけ???

HIFLY HP801は予想に反して、とても静かです(驚)

乗り心地も、予想していた突き上げ感もなく

どちらかというと19インチの乗り心地と言ったところです。

ほォ~、これだったら20インチも悪くないな~

今まで20インチをベルファイアとアルファードで乗り

ハリアーの22インチも試乗してきたけど

どれもうるさくて、突き上げ感があったんだけど

このHIFLY HP801は、静かでいい感じです。

ちょっとこのビッグサイズのSUVタイヤ、あなどれないかも!

一般道のコーナーを攻めてみると

さすがに20インチタイヤです。よれることなく

スパッと曲がってくれます。

ステアリングの切り初めから、即、車が反応してくれるので

とても扱いやすいです。

なんだか20インチタイヤのイメージが

チョット変わってしまいました。

さて次に高速道路へGO

インターのキツイコーナーを抜けて

速度を上げて行くと、なるほど

HIFLY HP801は高速でも

静かなんですね!

直進安定性も抜群です。

このHIFLY HP801はSUVタイヤカテゴリーでは

スタンダードタイヤなんですが、

タイヤのレベル的にはコンフォートタイヤと言ってもイイでしょう。

次に首都高に入って、コーナー性能です。

その前に、首都高は継ぎ目が多いので、継ぎ目の通過時はというと

多少突き上げ感は出ますが、20インチのタイヤを考えれば

乗り心地はイイですね!

さてコーナーに入ると、切り初めから反応はイイです。

コーナー中もグリップ力もありすんなり曲がっていきます。

何度かコーナーを確かめてから、ちょっとオーバースピードで

コーナーに侵入して、コーナー中、左足ブレーキをかけて

思いっきり前荷重にしてみると

あッ・・・なんだかグニャリ感が出ますね。

この動き、タイヤのエアーが足りない動きです。

荷重負けをすると、この動きになるんだよな~

エアーは300kpaに合わせていたんだけど

コーナーを攻めるなら、320kpa~340kpaまで

エアー圧を上げないとダメみたいです。

インチが大きくなるほど、タイヤのエアー管理は

しっかりやらなければいけません。

履く車の重量がとても関係してくるので!

HIFLY HP801という20インチタイヤを

今回試乗して、結構20インチでも快適なんだな~って思いました。

タイヤによっては、とてもうるさいタイヤもありましたが

このHIFLY HP801はとても快適でした。

20インチで人気上昇中というのも納得させられました。

最大の魅力は価格の安さだと思いますが

ハイフライHP801のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ HIFLY HP801

20インチのタイヤ選びの参考になればうれしいです。

HIFLY(ハイフライ)HP801のタイヤ性能・感想・評価・レビューでした。

タグ

2016年7月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ハイフライタイヤ 中国製タイヤ SUVスタンダードタイヤ

ナンカンタイヤからサーキット用タイヤ NANKANG AR-1が発売!

NANKANG AR-1というとてつもないグリップ力を持つタイヤが発売されました。

NANKANG AR-1(ナンカン エーアールワン)は、

サーキット走行を前提にドライグリップ性能を極限まで高めたハイグリップタイヤです。

トレッド面のブロックとショルダー部分の剛性を高めており、

コーナーでも安定したグリップ力を発揮します。

もはやトレッドパターンはもはやSタイヤです。

NANKANG AR-1

インチサイズ(15インチ~18インチ)

AR-1

AR-1のコンパウンドはNANKANG NS-2R(TREAD120)の

コンパウンドより、さらにグリップ力のあるTREAD80です。

完全にSタイヤのグリップ力です。

知り合いのアルテッツァ215/45R17に履かせて試乗です。

乗り初め、ゴツゴツ感とパターンノイズがスゴイ!

これ、まんまSタイヤ(セミスリックタイヤ)の感覚じゃん(驚)

快適性は、まるでないね!

なんだか加速も良くないぐらい、グリップがある感じ

これ一般道では、話になりません

そのま高速道路へ直行です。

インターのコーナーは・・・・完全にSタイヤじゃん、このタイヤの横剛性

ETCゲートを抜けてセカンドギヤからフル加速・・・

なんだかとても重いんだけど~

このコンパウンドS(ソフト)じゃないだろうなァ~

車線変更を何度もしたけど、完全にSタイヤの動きとおさまり方です。

首都高に入ると、継ぎ目は・・・これも快適性ゼロですね!

パターンノイズはうるさいし、でも国産Sタイヤの

もの凄くうるさいとは、全く違います。

もっとうるさいと思っていましたが

こんなもんなの?と思ってしまいました。

逆に言うと、このトレッドパターンで

これだけ静かなのは、驚きました。

でも、乗り心地もまったくのゼロ(笑)

さてコーナーに入ると・・・スゴイ・・・

この感覚まさしくSタイヤです(喜)

このアルテッツア、車高調はXYZが入っていて

RSではないんですが、それなりにショートサーキットまでは

走れるセッティングなんですが

足回り性能よりタイヤのグリップ力の方が完全に上

このナンカンAR-1のグリップ力が凄すぎて

足回り性能が負けています。

それにしても、このグリップ力は凄いの一言

おそらくコンパウンド的には、国産Sタイヤの

SとMの中間あたりのコンパウンドの感じかな!

どちらかというとMよりです。

もうチョット気温が低ければ、コンパウンドが分かりやすいんだけどね!

季節が気温の高い夏なので・・・・

ナンカンNS-2Rでも十分なグリップ力ですが、

ナンカンAR-1は、かなりグリップ力を上げての登場です。

まだサイズラインナップが揃っていないのが残念ですが(汗)

乗った感じは、タイムアタックには最高なタイヤになるでしょう!

国産Sタイヤの1/3の価格で買えるのが、最大の魅力ですね!

サーキットで一番お金のかかる消耗品がタイヤですから、

この価格は本当に助かります。

サーキットを楽しむ方には最高のタイヤになると思います。

1日フリー走行会なら、午前中ナンカンNS-2R

午後ナンカンAR-1というように使い分けるのが楽しく、

正解だと思います。

サーキットを楽しむなら⇒NANKANG NS-2R

タイムアタックなら⇒NANKANG AR-1

これからNS-2Rのように、AR-1のタイヤサイズのラインナップが

増えてくれるとうれしいですね!

ナンカンAR-1のインプレでした。

サーキット好きの皆さんのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

タグ

2016年7月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ナンカンタイヤ

MAXTREK INGENS A1のタイヤ性能・評価・感想・レビュー

MAXTREK INGENS A1(マックストレック インジエンスA1)タイヤ性能・評価・感想・レビュー

MAXTREK(マックストレック)は中国のタイヤメーカーです。

MAXTREK INGENS A1(インジェンス A1)は、

ドライ、ウェットどちらの路面においても優れたグリップ性と操縦性を発揮。

ドライバーに運転の楽しさを教えてくれます。

タイヤカテゴリーはスポーツタイヤです???

メーカーさんのセールストークでした。

MAXTREK INGENS A1

MAXTREK INGENS A1タイヤの性能は?

タイヤのトレッドパターンを見ると

ブロックが細かく、スポーツタイヤじゃなくて

コンフォートタイヤに見えるけど、性能はどうなんでしょう?

さて試乗してみると、18インチにしては、柔らかい乗り心地です。

速度を上げて行くと、なるほどかなり静かなタイヤですね!

コーナーを攻めてみると、グリップもそこそこありそうです。

18インチなので初期反応がクイックコーナー性能は

一般道では試せない速度じゃないと分からないので

ますは高速道路へ、ETCゲートを抜けてインターのキツイコーナーへ

う~ん、これでスポーツタイヤと言っちゃうか~???

まあ後で分かることなので・・・

高速道路に入って速度を上げると、直進安定性はグッドです。

そして乗り心地も18インチとは思えないほどソフトな感じで

ちょっと驚いたのは、静かさです。18インチになると

高速なればなるほど結構パターンノイズが気になるんですが

このMAXTREK INGENS A1はかなり静かなレベルのタイヤです。

高速道路を頻繁に使う方には、オススメかも!

さて、タイヤカテゴリーがスポーツタイヤなので

そのまま首都高に、路面の継ぎ目と段差が多い首都高は

どんなタイヤ性能なんでしょう?

段差を乗り越えた時の音は多少多めに入ってくるけど

乗り心地はイイです。

さていよいよコーナーテスト

コーナーに入ると・・・やっぱりそうなるよなァ~

過激に攻めてみると、ブロックのヨレが大きくイメージした

走行ラインから膨らみます。

さらにコーナー中、左足ブレーキを使って

前荷重にすると、さらにという感じです。

グリップ力はあるんだけど、ブロックヨレが多くて

S字コーナーの切り返し時に、気持ち良くスパッと

反応してくれません。

やっぱりこのMAXTREK INGENS A1は

タイヤカテゴリーはスポーツタイヤではありませんね!

コンフォートタイヤが正解です。

コンフォートタイヤとしては、かなりレベルが高く

満足いくタイヤだと思います。

マックストレック インジェンス A1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MAXTREK INGENS A1

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

MAXTREK INGENS A1のタイヤ性能・評価・感想・レビューでした。

 

タグ

2016年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ 中国製タイヤ

SONAR S-888 バン用ラジアルタイヤ アジアンタイヤ

アジアンタイヤ バン用ラジアルタイヤ SONAR S-888

台湾の大手タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)のヨーロッパ向けブランドSONAR(ソナー)

SONAR S-888

SONAR S-888(ソナー S-888)は、

ショルダー部分の細かなサイプで静粛性と乗り心地を向上させているので、

ストレスなく長距離走行ができます。

また、耐摩耗性のコンパウンドの採用でロングライフを実現。

経済性にも優れています。商用車 4ナンバー車 バン用ラジアルタイヤです。

会社の4ナンバー車のタイヤ交換経費削減に!

ソナーS-888のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒SONAR S-888

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

SONAR S-888 バン用ラジアルタイヤ アジアンタイヤでした。

タグ

2016年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ソナータイヤ バン用ラジアルタイヤ 台湾タイヤ

NANKANG CW-20 バン用ラジアルタイヤ アジアンタイヤ

アジアンタイヤ バン用ラジアルタイヤ NANKANG CW-20

商用車タイヤ 4ナンバー専用タイヤ バン用ラジアルタイヤ ナンカンCW-20

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)

創立50年を誇りながら、常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、

世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞しています。

NANKANG CW-20

インチサイズ(15インチ~18インチ)

NANKANG CW-20
NANKANG CW-20は、ウェット性能、静粛性に優れた商用車・バン用タイヤです。

パターン設計とショルダー剛性の強化により、快適性と耐久性にも優れています。

ナンカンCW-20のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG CW-20

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG CW-20 バン用ラジアルタイヤ アジアンタイヤでした。

タグ

2016年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ナンカンタイヤ バン用ラジアルタイヤ 台湾タイヤ

このページの先頭へ