HIFLY HP801 ハイフライHP801のタイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

HIFLY HP801 ハイフライHP801のタイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

HIFLY HP801

インチサイズ(17インチ~22インチ)

HIFLY HP801

HIFLY HP801は、SUV、クロスオーバー車用に設計された

走りに必要な要素を高次元でバランスしたタイヤです。

高い運動性能はもちろん、ウェット性能や低燃費性能にも配慮しました。

進化したパターンにより、高速走行でも安定した走りで、耐摩耗性と静粛性も追求したタイヤです。

というメーカーさんのHIFLY HP801のセールストークです。

さて今回試乗したのは、三菱のアウトランダーPHEVで

タイヤサイズは225/55R18です。

HIFLY HP801 ハイフライHP801のタイヤ性能・評価

街乗りは、予想以上に静かで、乗り心地のいいタイヤというのが

第一印象で、突き上げに対するおさまりもイイですね。

PHEVなので車自体が静かなので、タイヤの静かさが良く分かります。

コーナーを攻めてみると、かなりクイックな反応を見せてくれます。

もしかしてこのHIFLY HP801というタイヤ

レベルが高いタイヤなのかも?

これは、高速を走ってみないと評価できないかな。

ということで、東名高速にGOです。

高速合流手前の、キツイコーナーを

入ってみると、おいおいこの速度で曲がれちゃうの?

アウトランダーPHEVはどちらかというと

重い車なんだけど・・・・

横剛性もあるタイヤですね。

さて高速道路に入ってフル加速

キャ~・・・タイヤよりPHEVの加速力に驚きますね。

エンジンが掛かると充電が始まり電圧が上がるのか分からないけど

もの凄い加速力、縦のグリップ力も充分あるね。

ちょっとアウトランダーPHEVという車に感動しちゃってますが、

HIFLY HP801のタイヤ評価に戻ります。

速度が上がってもパターンノイズは、多少大きくなりますが

とっても静か、おいおいこれSUVタイヤだよな~???

乗り心地もイイし、高速の突き上げ感もうまくおさまっています。

驚いたのは、直進性の良さ、これタイヤの横剛性があることを

意味しているんですよね!

これだとやはりこのまま首都高にGOです。

路面が新しいところや、古いところもあるし、

荒れた路面もあるし継ぎ目だらけなので、

タイヤ評価には最適な道路なので

用賀のゲートを過ぎて、首都高に入ると

ほォ~、やはり継ぎ目の突き上げのおさまりはイイです。

なので乗り心地がいいんですけどね。

さてコーナーの性能を試さないとね

コーナー入口は、めちゃクイックに反応してくれます。

コーナーのグリップ力もかなり高く

わざとアウトに膨らんでから、ステアリングを切り込んでも

素早く反応してくれます。

さらにタイヤをイジメてテスト、コーナー中に

ブレーキを踏んで、思いっきり前荷重にしてみても

まったく荷重負けしません、やはりかなり横剛性があるタイヤです。

う~ん、なんだろう、今までSUVタイヤを評価してきたけど

SUVタイヤで、ここまで高次元でトータル性能をまとめたタイヤは

なかったかな!

このHIFLY HP801というタイヤ

SUVタイヤのプレミアムタイヤと言ってもいいくらいの性能を持っています。

ちょっと驚きでした。

国産SUVタイヤでも、ここまでのトータル性能のタイヤは出ていません。

特に静かさの面で、HIFLY HP801の方が上です。

アジアンタイヤと国産タイヤとの差は、まだ5年の開きがあるなと

思っていましたが、SUVタイヤに関しては

もう逆転されていると、思い知らされました。

ハイフライ HP801のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HP801

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

HIFLY HP801 ハイフライHP801のタイヤ性能・評価・感想・比較・レビューでした。

タグ

2016年6月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ハイフライタイヤ 中国製タイヤ SUVスポーツタイヤ

アジアンECOタイヤランキング ECOタイヤ性能比較!

アジアンECOタイヤランキング!ECOタイヤ性能比較!

アジアンタイヤからECOタイヤ(転がり抵抗低減、燃費性能の良い)タイヤが

発売されるようになりました。

まだ日本のラベリング制度の中では

アジアンタイヤのECOタイヤはAランクですが

これからAAランク、AAAランクのアジアンタイヤも

発売されていくと思います。

今現在では、アジアンタイヤのECOタイヤはまだ

数が少ないので、アジアンタイヤだけではないランキングとさせて頂きます。

販売本数の多い順にランキングしています。

アジアンECOタイヤランキング!

公開日:2016年06月19日

更新日:2017年06月25日

1位 NANKANG ECO-2 +(Plus)

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG ECO2+

NANKANG ECO2+

 

2位 NEXEN N blue HD Plus

試乗感想レビューはコチラ⇒NEXEN N blue HD Plus

 

3位 HIFLY HF201

試乗感想レビューはコチラ⇒HIFLY HF201

HIFLY HF201

 

4位 BRIDGESTONE Ecopia EP150

試乗感想レビューはコチラ⇒BRIDGESTONE Ecopia EP150

BSECOOPIA

 

5位 GOODYEAR GT-Eco Stage

試乗感想レビューはコチラ⇒GOODYEAR GT-Eco Stage

GTecostage

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ECOタイヤランキング!ECOタイヤ性能比較でした!

タグ

2016年6月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング ECOタイヤ

SUVタイヤランキング アジアンタイヤ!

アジアンSUV車タイヤランキング アジアンタイヤ

アジアンタイヤでSUV車用タイヤの売れている順にランキングしています。

アジアンタイヤもSUVタイヤの種類がかなり増えてきました。

しかも、インチアップの大口径SUVタイヤでも

格安なのが、アジアンタイヤのうれしいところです。

20インチ以上のタイヤアルミセットも

信じられないぐらい価格が安いのが魅力です。

公開日:2016年06月16日

更新日:2017年06月25日

SUV車タイヤランキング アジアンタイヤ

1位 ATR SPORT ATR SPORT DESERT HAWK H/T

Desert Hawk H/Tタイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

ATR SPORT DESERT HAWK HT

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT DESERT HAWK H/T

 

2位 NANKANG FT-7

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NANKANG FT-7

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG FT-7

 

3位 NANKANG FT-4

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NANKANG FT-4

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG FT-4

 

4位 NANKANG SP-7

NANKANG SP-7タイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

NANKANG SP-7

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG SP-7

 

5位 ZEETEX SU1000vfm

ZEETEX SU1000vfmタイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

 

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX SU1000vfm

 

6位 NEXEN ROADIAN-HP

NEXEN ROADIAN-HPタイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

NEXEN ROADIAN-HP

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN ROADIAN-HP

 

7位 NANKANG SP-5

NANKANG SP-5のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

NANKANG SP-5

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG SP-5

 

8位 NEXEN ROADIAN-HT

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NEXEN ROADIAN-HT

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN ROADIAN-HT

 

9位 ATR SPORT DESERT HAWK UHP

DESERT HAWK UHPのタイヤ試乗・感想レビューは⇒⇒コチラ

ATR SPORT DESERT HAWK UHP

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT DESERT HAWK UHP

 

10位 NANKANG FT-7.OWL

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

ホワイトレターが人気のポイント?

NANKANG FT-7.OWL

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG FT-7.OWL

 

試乗していないタイヤがたくさんあって

まだすべてのタイヤ性能評価が出来ていなくて

申し訳ありません。

タイヤの試乗テストの機会を

作って性能テストをしていきますので

タイヤ性能テストが出来ていないタイヤに関しては

タイヤサイズと価格の紹介だけになってしまいました。

SUV車のタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

SUV車タイヤランキング アジアンタイヤでした!

タグ

2016年6月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング SUVスタンダードタイヤ SUVスポーツタイヤ

軽自動車用タイヤサイズ155/65R14 アジアンタイヤ売れ筋ランキング

軽自動車用タイヤサイズ155/65R14 アジアンタイヤ人気売れ筋ランキング

アジアンタイヤの中で軽自動車サイズ 155/65R14の売れている順ランキングです。

軽自動車用155/65R14タイヤ売れ筋ランキング

公開日:2016年06月08日

更新日 2017年06月25日

軽自動車のタイヤサイズは外径(直径)から分けると、2タイプになります。

155/65R14タイヤ155/65R13タイヤです。

軽自動車タイヤサイズ155/65R13はコチラ⇒155/65R13売れ筋ランキング

軽自動車のタイヤサイズ説明はこちらから⇒軽自動車タイヤサイズ説明

新車装着車種:ウェイク、タント、タントカスタム、ミラココア、

ムーヴ、N-BOX、N-ONE、N-WGN、ワゴンR、MRワゴン、

スペーシア等

アジアンタイヤ155/65R14人気売れ筋ランキング

1位 ナンカンNS20

ナンカンNS20のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

NS20

価格はコチラ⇒NANKANG NS-20

 

2位 エコノミスト ATR-K

エコノミストATR-Kのタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

Econpmist ATR-K

価格はコチラ⇒Economist ATR-K

 

3位 ジーテックスZT1000

ジーテックスZT1000のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

ZT1000

価格はコチラ⇒ZEETEX ZT1000

 

4位 ハイフライHF201

ハイフライHF201のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

hiflehf201

価格はコチラ⇒HIFLY HF201

 

5位 ネクセン N Priz SH9J

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

nexen n priz sh9j

価格はコチラ⇒NEXEN N Priz SH9J

 

6位 ナンカン NS-2

ナンカンNS-2のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

ns2

価格はコチラ⇒NANKANG NS-2

 

7位 ナンカン AS-1

ナンカンAS-1のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

NANKANG AS-1

価格はコチラ⇒NANKANG AS-1

 

8位 ミネルバ EMI ZERO HP

MINERVA EMI ZERO HPのタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

ZER HP

価格はコチラ⇒MINERVA EMI ZERO HP

9位 OVATION VI-682

価格はコチラ⇒OVATION VI-682

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

アジアンタイヤ155/65R14人気売れ筋ランキングでした。

 

国産タイヤ155/65R14売れ筋ランキング

1位 ブリヂストン ネクストリー

NEXTRYのタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

NEXTRY

価格はコチラ⇒BRIDGESTONE NEXTRY

 

2位 ダンロップ エナセーブ EC202

EC202

価格はコチラ⇒DUNLOP ENASAVE EC202

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

軽自動車タイヤサイズ155/65R14 アジアンタイヤ売れ筋ランキングでした。

軽自動車タイヤサイズ155/65R13はコチラ⇒155/65R13売れ筋ランキング

この軽自動車売れ筋タイヤランキングは毎月更新していきます。

タグ

2016年6月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング

Corsa Veeraタイヤ コルサヴィーラタイヤ試乗・性能・感想・レビュー

Corsa Veeraタイヤ コルサヴィーラタイヤ試乗・性能・感想・レビュー

CORSA Veera

ATR RADIALのATR SPORTブランドと

もう一つのブランドCORSAブランドのタイヤがCorsa Veera

このコルサヴィーラのタイヤサイズは、2種類のみで

195/50R15と195/55R15です。

排気量1500~1600ccクラスの

インチアップタイヤで、かなり履ける車種は多いですね。

今回試乗したのは、スズキのスイフト

乗り初めですが、これはATR SPORTタイヤとの比較の方が

分かりやすいと思います。

ということで今回は比較で評価しますね!

まず乗り心地は、ATR SPORTよりほんの少し柔らかい感じです。

コーナーは半テンポ反応が遅いというか、ブロックよれが来てから曲がる感じですね。

コーナーを攻めなければ,まったく普通です(笑)

グリップ力は、価格からすれば大満足のグリップ力で

リヤが流れても、かなり楽に修正できます。

あくまでもATR SPORTタイヤと比較してですよ!

静かさは、新品時はかなり静かですが、ATR SPORTも

そうでしたが、減ってくるとかなりパターンノイズが増えるのでは

という感じを受けますね。

何しろ性格が似ているので!

トータルで評価すると、ATR SPORTタイヤの

過激さをほんの少し丸くしたタイヤで

性格はATR SPORTとほとんど変わりません。

グリップ力もイイし、タイヤ性能としては満足なタイヤでした。

でも一つ弱点を指摘するなら、見た目ですね。

サイドウォールにバリがあるのがチョットなァ~というところです。

タイヤ性能には関係ありませんが、

もうチョット綺麗に仕上げてもらいたいかな!

まあ価格から言えば、文句は付けられない価格なので

タイヤ性能は充分満足できる性能なので

激安スポーツタイヤとしてみれば合格です。

コルサヴィーロの価格とタイヤサイズは

こちらから⇒ Corsa Veera

Corsa Veeraタイヤ コルサヴィーラタイヤ試乗・性能・感想・レビューでした。

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

タグ

2016年6月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:インドネシア製タイヤ スポーツタイヤ

このページの先頭へ