ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)メーカーの歴史

ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)タイヤメーカーの歴史

ATR RDIAL

インドネシア、タイヤメーカーのATR RADIALタイヤメーカーの歴史

◆1991年:MASA(PT Multistrada Arah Sarana Tbk)設立

ピレリータイヤと3年間、1994年までタイヤ技術提携。

◆1994年:コンチネンタルと6年間、2000年までタイヤ技術提携。

◆2004年:新たな経営基盤が築かれ、ハイレベルな経営方針への見直し。

◆2005年:高性能タイヤ(UHP)の投入を実現。

その後、ブランド名のATR SPORTが登場。

2015年:ATR RADIALに統一され、

タイヤブランドのATR SPORTそしてCORSAのタイヤブランド名で展開しています。

atrrogo

「ATR RADIAL」は、全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)や

フォーミュラドリフトのスポンサーを務めるなど、

モータースポーツに力を注いでいるタイヤブランドです。

タイヤにとって厳しい使用環境でもあるドリフトにおいても優れた性能を発揮。

その品質の高さは日本人のドリフトユーザーだけでなく、一般のユーザーからも認められ、

多くのユーザーとファンを獲得し、シェア拡大中です。

ATRRADIALのタイヤ種類は

こちらから⇒ATRスポーツタイヤの種類

ATR RADIALのATR SPORTのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT

ATR RADIALのCORSAは

こちらから⇒CORSA

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)タイヤメーカーの歴史でした。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年5月5日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ