アジアンハイグリップタイヤランキング ハイグリップタイヤ性能比較!

アジアンハイグリップタイヤランキング

アジアンタイヤにはタイヤカテゴリー的にないグリップタイヤという

カテゴリーはありませんでした。

今まで試乗してきて、グリップ性能的には

スポーツタイヤのカテゴリーに

おさまるグリップ性能でしたが、

でも2015年から2016年にかけて

アジアンタイヤでもグリップタイヤのカテゴリーに入る

グリップ性能のタイヤが発売されました。

激安アジアンタイヤの中でのハイグリップタイヤランキングです。

試乗した中では、ハイグリップタイヤのカテゴリーに入るタイヤは

まだ4種類しかありませんが、

2018年、各アジアンタイヤメーカーから

グリップタイヤが発売されることを期待したいと思います。

タイヤ性能評価は7つあります。

ドライ性能、ウエット性能、高速性能、静粛性、乗り心地、耐摩耗性(ライフ)、燃費性能です。

このタイヤ性能評価7つの中で、ハイグリップタイヤランキングなので、

ドライ性能のグリップ力のみの性能ランキングです。

サーキットでタイムアタック用に使えるタイヤです。

どれも公道走行OKのハイグリップタイヤです。

アジアンタイヤ ハイグリップタイヤ性能ランキング

1位 NANKANG AR-1

タイヤカテゴリー:ハイグリップタイヤ

強烈なグリップ力を持つタイヤはコチラ⇒NANKANG AR-1

AR-1

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

2位 NANKANG NS-2R

タイヤカテゴリー:ハイグリップタイヤ

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

NS-2R

NANKANG NS-2Rのタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

3位 ATR-K SPORT

タイヤカテゴリー:ハイグリップタイヤ

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR-K SPORT

ATR-K SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR-K SPORT

4位 ATR SPORT 123S

タイヤカテゴリー:ハイグリップタイヤ

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT 123S

ATR SPORT123Sのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT 123S

今回のハイグリップタイヤランキング

Sタイヤ(セミスリックタイヤ)並みのグリップ力を

持っていますが、Sタイヤ

一般ラジアルタイヤとは、グリップの理論が異なります

狭い温度域によって、グリップ力を発揮する

特殊なコンパウンドを使っているタイヤ

さらにサーキットでのタイム短縮のみを狙っているタイヤなので

極力タイヤ自体を軽く作ってあります、一般道で使用するには、

かなり気を使わなければならないタイヤセミスリックタイヤです。

激安アジアンタイヤから抜粋したハイグリップタイヤは

一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!

タイヤのように一般道で、チョット大きな石を踏むだけで

パンクしたりしないので、ご安心ください。

安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので

一般道でも気をつかわなくて済みます。

1位のNANKANG AR-1は

2016年7月にNANKANG NS-2Rのコンパウンドより

グリップ力のあるコンパウンドを使い発売されたのが

NANKANG AR-1です。

グリップ力は、発売と同時にアジアンタイヤTOPのグリップ力で

国産グリップタイヤより、グリップ力があるのには驚きました。

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

2位のNANKANG NS-2Rは

国産グリップタイヤの1/3の価格で買えるのが大きな魅力です。

私もNANKANG NS-2Rを70スープラに履いています

このNANKANG NS-2Rも国産グリップタイヤのグリップ力を

超えているアジアンタイヤです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

 

3位のATR-K SPORTと4位のATR SPORT 123Sは

国産グリップタイヤの1/4の価格で買えるのが魅力ですが

まだサイズラインナップが少ないので、

今後サイズラインナップが増えることを期待しています。

ATR-K SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR-K SPORT

ATR SPORT123Sのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT 123S

今回のハイグリップランキングの4種類のタイヤは

走り屋さんとサーキット好きには

ぜひ履いてもらいたいタイヤです。

これだけだと、どれだけグリップするのか

イメージがわかないと思いますので

どれぐらいグリップするかの説明を付け加えておきます

3位のATR-K SPORT

サーキットのタイムアタックでタイムを比較したところ

国産グリップタイヤのネオバと同等のタイムが出てしまいました。

しかも周回を重ねても、タイムが安定していたので

そのグリップ性能には驚きました。

サーキット走行好きのタイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月08

公開日:2016年04月20日

アジアンハイグリップタイヤ性能ランキング!ハイグリップタイヤ性能比較でした。

タグ

2016年4月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ タイヤランキング ハイグリップタイヤ

NANKANG(ナンカン)NS-2R サーキットで使えるアジアンタイヤ

NANKANG NS-2R サーキットでも使えるアジアンタイヤです

激安アジアンタイヤの中でサーキットに使えるアジアンタイヤで

凄いグリップタイヤが発売されています。

AE101サーキット仕様の車と

70スープラサーキット仕様に取り付けてテストしたところ

このNANKANG NS-2Rは、

これからサーキット走行会で間違いなく支流タイヤになりますね

コンパウンドは2種類、

手に入るのはレース用の(TREAD WEAR:120)

さらにグリップ力を高めた(TREAD WEAR:80)ですが

手に入るのは、(TREAD WEAR:120)の方です。

サイズによっては(TREAD WEAR:80)を手に入れることもできます。

試乗した感じは、この2つのコンパウンドは、まったくの別物です。

国産Sタイヤのコンパウンドだと分かりやすいと思うので

試乗した感じでは

TREAD WEAR:120は、MS(ミディアムソフトコンパウンド)タイヤで

TREAD WEAR:80は、S(ソフトコンパウンド)タイヤという感じです。

国産Sタイヤでいう、H(ハードコンパウンド)やSS(スーパーソフトコンパウンド)では

ありませんでした。

でも国産SタイヤのHとMコンパウンドは、タイヤが暖まらないとグリップ力が出てきません

その点NANKANG NS-2Rは、一般道も意識して作ってあるので

タイヤが冷えていてもグリップ力があるので安心です!

完全にレース用タイヤにされると、タイヤの性格が特化してしまう

逆に一般道では、使いづらい性格になってしまい・・・

とくにタイヤの温度によって、性格が極端に変わってしまうので

ある程度の知識がないと安全に走れないタイヤになってしまいますからね。

NANKANG NS-2Rは完全レース用の性格ではなかったので

一般道でも使いやすいグリップタイヤです。

国産Sタイヤ同様、NANKANG NS-2Rも

一般公道の使用はOKなので、その点は心配しなくても大丈夫です。

今後、コンパウンドの、S(ソフト)やSS(スーパーソフト)のタイヤが出てきたら

一般公道の使用は避けた方がいいと思います。

確かにタイヤが低温でももの凄いグリップはしますが

減りの早さもピカイチなので、SやSSコンパウンドがでたら

サーキットに行ってから、履き替えた方が無難です。

さらにSやSSコンパウンドで一般公道を走られたら

小石がべたべたタイヤに付いて、速度が上がると小石を巻き上げてしまうので

後ろに付いた車は、飛び石をたくさん喰らうことになりますから

周りの車の安全面には良くありませんからね!

今後、SS(スーパーソフト)コンパウンドが出てきたらのお話でした。

NANKANG NS-2R

インチサイズ(13インチ~18インチ)

NS-2R

サーキットなら、間違いなくアジアンタイヤの中ではグリップ力トップクラスです。

完全にスポーツタイヤの上のグリップ力を持つ、

グリップタイヤのカテゴリーに入ります。

国産グリップタイヤだと、ヨコハマタイヤのネオバ、

トーヨータイヤのR1R、ダンロップファルケンのZ2スタースペック、

ブリヂストンのポテンザRE11Aと言ったタイヤですが、

このNANKANG NS-2Rは履いてビックリ

驚くことに、その上のいくタイヤでした。

横剛性、コントロール性、縦グリップ力、横グリップ力、

速く走るトータル能力が群を抜いているタイヤがグリップタイヤです。

でも静粛性は全くありませんので、グリップタイヤが欲しいけど静かさも欲しい方にはオススメできません。

パターンノイズはタイヤが減ってくると

だんだん大きくなっていきます。

そしてナンカンNS-2Rは、ハイグリップタイヤのカテゴリーに入り

なおかつ、国産Sタイヤ(セミスリックタイヤ)までの性能には、追いつきませんが

かなりグリップ性能が高く、サーキットを楽しむには最高のタイヤで

さらにサイズラインナップが豊富で、値段がダントツに安いのが魅力です。

ですが・・・さすがにグリップする分、減りは凄く早いですけどね。

でもSタイヤの新品溝は5mm、ナンカンNS-2Rの溝は8mmと

Sタイヤと比べると、3mmライフが多いので助かります。

本当にSタイヤってあっという間になくなりますからね!

そして走った後、Sタイヤを見ると・・・あ~楽しんじゃったなァ~って・・・

あとどれくらい走れるんだろう(汗)というむなしさが・・・

またタイヤ交換だァ~、財布に優しくないなァ~ってことに!

でもナンカンNS-2Rは、減りが早くても、Sタイヤみたいな減り方は

しないので安心してください。

でも、いくら早く減ろうが値段が激安なので気にすることはありませんけどね!

とにかくサイズラインナップが豊富で価格が安いのにグリップ力は半端ではないです。

スゴイの一言です。

サーキット好きが、待ちに待ったタイヤです。

ナンカンNS-2Rのタイヤサイズと値段は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG NS-2R

コンパウンドの指定はできませんので!

サーキットで使えるアジアンタイヤでもっともグリップするタイヤです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月08

NANKANG NS-2R サーキットでも使えるアジアンタイヤでした。

タグ

2016年4月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ ハイグリップタイヤ 台湾製タイヤ

タイヤサイズ245/40R19 アジアンタイヤ人気売れ筋ランキング

タイヤサイズ245/40R19適合車種

新車装着車種:アルファード、ヴェルファイア等

タイヤサイズ245/40R19のアジアンタイヤで、

売れている順にランキングしています。

245/40R19 アジアンタイヤ人気売れ筋ランキング

1位 ATR SPORT

ATR SPORTのタイヤ試乗感想レビューは⇒コチラ

atr-sport

価格はコチラから>>ATR SPORT

 

2位 NANKANG NS-2

NANKANG NS-2のタイヤ試乗感想レビューは⇒コチラ

nankang-ns2

価格はコチラから>>NANKANG NS-2

 

3位 HIFLY HF805

HIFLY HF805のタイヤ試乗感想レビューは⇒コチラ

hiflyhf805

価格はコチラから>>HIFLY HF805

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月08

公開日:2016年04月17日

タイヤサイズ245/40R19 アジアンタイヤ売れ筋ランキングでした。

タグ

2016年4月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤサイズ別ランキング

ランフラットタイヤ ポテンザS001RFT225/45R17

ランフラットタイヤ ポテンザS001RFT 225/45R17

ランフラットタイヤも増えてきましたが

ランフラットのタイヤ交換は、めちゃ大変

普通のタイヤチェンジャーだとビートがなかなか落ちません。

でもコルギ―製のレバーレスタイヤチェンジャーだと

普通に外せて、組めるんだよね。

コルギ―製のタイヤチェンジャーでのタイヤ交換は

何度も写真をアップしているので

今回はパスしますね!

組み終わって、バランスを取って

S001RFT

おっと、ラベルに定価が入っています。

S001RFT 2

ランフラットタイヤって、メチャ高いですね(驚)

ランフラットタイヤって、パンクして空気が抜けても

ある程度の距離を、タイヤの内部構造を壊しながら

走れるタイヤなので、パンク修理は不可なんです。

パンクしたら必ずタイヤ交換になっちゃいます(泣)

BRIGESTONE POTENZA S001ランフラットタイヤの

タイヤサイズと価格は⇒コチラから

値段が高すぎると思ったなら

アジアンタイヤからもランフラットタイヤが発売されています。

しかも価格が安いところが最大の魅力です。

アジアンランフラットタイヤのサイズと価格は

コチラから⇒アジアンランフラットタイヤ

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月08

ランフラットタイヤ ポテンザS001RFTでした。

タグ

2016年4月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ランフラットタイヤ 国産Sタイヤ

YOKOHAMA PARADA Spec-X(ヨコハマ パラダ スペックエックス)PA02タイヤ性能評価レビュー

YOKOHAMA PARADA Spec-X PA02イヤ性能、試乗評価レビューです

YOKOHAMA PARADA Spec-X(ヨコハマ パラダ スペックエックス)

PARADA Spec-X PA02(パラダ スペックエックス PA02) ハイインチSUVに上質な走りを求めたテクノロジー&デザイン。

シリカの混合比率を高くしたコンパウンドの採用により転がり抵抗を低減させながら、高いウェット性能を発揮します。

また、3ピッチバリエーションのブロック配列により、静粛性とともに、耐偏磨耗性も確保。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

インチサイズ:20インチ~24インチ

YOKOHAMA PARADA Spec-X PA02のタイヤデザイン

YOKOHAMA PARADA Spec-X PA02のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

YOKOHAMA PARADA Spec-X PA02の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

YOKOHAMA PARADA Spec-X PA02タイヤの試乗性能レビュー

今回試乗したタイヤサイズは、なんと245/45R20

SUVタイヤの評価はなかなか難しいんですよね。

さて試乗してみると、おいおい、結構乗り心地が良くてビックリ

20インチなので、ホイール重量も相当あるのに

突き上げ感がありません。

それとSUVタイヤの中では、トップクラスの静かさですね。

SUVタイヤって、トレッド面のブロックが大きいので

パターンノイズは大きくなるんだけど、

このYOKOHAMA PARADA Spec-X PA02はとにかく静かです。

それと、初期グリップ性能がとてもイイ

タイヤ評価の中では、いつも書いていないけど

タイヤが冷えている時のグリップ力って

ウエットグリップ性能にもの凄く関係しているんです。

当然濡れた路面というのは、タイヤが水で冷やされるので

タイヤとレット部の温度が上がりません。

ゴムというのは、冷えれば冷える程、硬くなる性質を持っているので

走り出しの冷えたタイヤのグリップってあまり出ないんです。

このYOKOHAMA PARADA Spec-X PA02は、その冷えた状態からでも

グリップ力が出ているところを見ると

ウエットグリップが高いタイヤです。

おそらくシリカの配合のイイところを見つけたのでしょう。

さて高速道路を走っても、20インチとは思えない静かさ!

20インチって高速でうるさいのが当たり前ですが

PARADA Spec-X PA02は高速でも静かなのには、驚きました。

首都高に入り、コーナーグリップは、

ちょっとスタンダードタイヤとは思えないほど

グリップ力がありますね。

偏平タイヤなので、クイック感もあり

これスポーツタイヤのカテゴリーでも

問題ないと思うけど、それほどグリップ力も高いタイヤでした。

SUV車だからと言って、オフロードを走らないなら

快適なPARADA Spec-X PA02を選ぶ方が増えるでしょう。

YOKOHAMA PARADA Spec-X PA02のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

値段が高いと思ったらコチラも参考にして見てください

コチラから⇒アジアンSUVタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月08

YOKOHAMA PARADA Spec-X(ヨコハマ パラダ スペックエックス)PA02タイヤ性能、評価でした。

タグ

2016年4月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヨコハマタイヤ 国産タイヤ SUVスタンダードタイヤ

このページの先頭へ