YOKOHAMA GEOLANDAR SUV ヨコハマ ジオランダ―SUVタイヤ性能・評価・評判・感想・レビュー

YOKOHAMA GEOLANDAR SUVタイヤの特徴

ヨコハマ ジオランダ―SUV

GEOLANDAR SUV(ジオランダーエスユーブイ)

オンロード性能を重視した「GEOLANDAR H/T-S」から、さらに性能を向上。

SUVにふさわしい高耐久性を維持しながら快適性能を向上し、

街中でも高速道路でもより快適に運転できます。

これヨコハマタイヤさんのセールストークです。

YOKOHAMA GEOLANDAR SUVのタイヤデザイン

YOKOHAMA GEOLANDAR SUVのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

YOKOHAMA GEOLANDAR SUVの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

YOKOHAMA GEOLANDAR SUVタイヤ試乗性能レビュー

車はハリアーで純正18インチです。

今回はヨコハマタイヤの GEOLANDAR SUV 235/55R18というサイズです。

純正でここまでのサイズとは・・・一般的にはインチアップサイズですね!

ではジオランダ―SUVタイヤの試乗です。

ハリアーはもともと高級車なので、基本車内は静かに作られているので

その点も踏まえて評価しないといけませんね!

街中は、メチャ静か、やはりS/TタイヤとH/Tタイヤとは

舗装路では、レベルの違う静かさです。

乗り心地もタイヤの反発力が速いので、突き上げ感もなく

とてもしなやかです。

ブレーキングで前荷重になっても、パターンノイズは

ほとんど聞こえません。

S/H,H/Tは、ブロックが大きいので

ブレーキング時、前荷重になると

パターンノイズが大きくなるけど

このヨコハマ ジオランダ―SUVは

それがありませんでした

さてコーナーに入ると、このジオランダ―SUVタイヤ、

かなり横剛性が高いタイヤです。

乗り心地がいいから、コーナー進入時、

グニャルのかな~って思っていましたが

かなりステアリング操作に機敏に反応してくれて、

車の向きを変えてくれるタイヤです。

タイヤをホイールに組む時は、サイドウォールが柔らかかったので

どうかな~と思いましたが、

かなりコーナーはイケちゃいます。

いい感触をえたので、そのまま東名高速から首都高に

速度が上がってもメチャ静かです。

う~ん、ちょっとこのジオランダ―SUVというタイヤ

今までのカテゴリーではない、SUVタイヤじゃないかと!

首都高に入って、コーナーを攻めてみると

このオランダ―SUVタイヤ、かなりグリップ力が

あることが分かりました。

これSUVタイヤのプレミアムタイヤでイイんじゃないの?

というのが、感想ですね。

あくまでも、オンロード・舗装路の評価です。

トータルの快適性は抜群で、高速グリップ力もあるタイヤなので

とても快適でスポーツ性のあるタイヤです。

う~ん、今回のジオランダ―SUVというタイヤ

メーカーさんのセールストークは、バッチリ合っていました。

というか、オンロードしか使わない方には

オススメですね。

快適性はピカイチのSUVタイヤです。

ジオランダ―SUVのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒GEOLANDAR SUV

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月28

YOKOHAMA GEOLANDAR SUVタイヤ性能・評価でした。

タグ

2016年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヨコハマタイヤ 国産タイヤ SUVスポーツタイヤ

ダンロップ SP SPORT MAXXタイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

ダンロップSP SPORT MAXXタイヤの特徴と評価

SP SPORT MAXX

DUNLOP SP SPORT MAXXタイヤ性能・評価・レビュー

SP SPORT MAXX  エスピースポーツマックスは、

ダンロップのプレミアムタイヤに位置するです。

日本とドイツの共同開発により、ドライ性能、

ウェット性能とハイレベルなコンフォート性能が

高次元でバランスされています。

トレッドパターンを見ると、スポーツタイヤのパターンなんですが

どうなのでしょう?

試乗してみると、これ静かなタイヤで乗り心地もイイです。

新車装着タイヤなので、普通に買うととてつもなく

価格が高いタイヤでもあるんですよね。

でもさすが新車装着タイヤに選ばれただけのことはあります。

コーナーでもそのグリップ力性能の高さが感じ取れます。

静かさ、乗り心地、剛性感、グリップの性能を

高い次元でまとめているタイヤです。

このDUNLOP SP SPORT MAXXタイヤは

高速道路の直進安定性も抜群ですし

首都高のコーナーも、走りやすく、とっても素直なタイヤで運転しやすいです。

グリップ力はかなりありますね。かなりコーナーを攻めてみましたが

スポーツタイヤのグリップ性能を兼ね備えているタイヤでした。

このぐらい性能があって、価格が安ければイイんだけどなァ~!

純正装着に選ばれるのって、本当に基準が高くて、難しいんです。

さすが純正装着の厳しい基準を通り抜けたタイヤ性能を持っているのが

ダンロップのSP SPORT MAXXでした。

DUNLOP SP SPORT MAXXのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ダンロップSP SPORT MAXX

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月28

ダンロップSP SPORT MAXXタイヤ性能・評価・感想・比較・レビューでした!

タグ

2016年4月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ ダンロップタイヤ プレミアムタイヤ 国産タイヤ

HIFLY(ハイフライ)タイヤの種類とタイヤ性能評価

HIFLY(ハイフライ)タイヤの種類

ハイフライタイヤ、低価格でも高性能タイヤとして

認知度が上がっているタイヤメーカーがハイフライタイヤです。

HIFLYタイヤを試乗してみると

どのタイヤもかなり快適性のあるタイヤだったのには、驚きました。

◆HIFLY HF201

HIFLY HF201の試乗レビューは⇒コチラ

 

HIFLY HF201のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF201

 

◆HIFLY HP801

HIFLY HP801の試乗レビューは⇒コチラ

HIFLY HP801のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HP801

 

◆HIFLY HF805

HIFLY HF805の試乗レビューは⇒コチラ

HIFLY HF805のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF805

 

◆HIFLY HT601

HIFLY HT601の試乗レビューは⇒コチラ

 

HIFLY HT601のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HT601

値段が安いからと言って、甘く見ないでくださいね!

試乗してみたらビックリです。

かなり高性能なタイヤでした。

日本人の悪いクセ!値段が安いと悪い商品という思い込みは

過去の考え方です!

アジアンタイヤと国産タイヤの性能差は

ここ数年で一気に縮まりました。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月28

HIFLY(ハイフライ)タイヤの種類 ラインナップでした!

 

タグ

2016年4月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ 中国製タイヤ

NEXEN(ネクセン)CP672タイヤ性能 評価 感想 比較レビュー 

NEXENタイヤCP672

NEXEN CP672

NEXEN CP672は、静粛性、快適性、デザイン性に優れた

ハイパフォーマンス・コンフォートタイヤです。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(14インチ~18インチ)

NEXEN CP672のタイヤデザイン

NEXEN CP672のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NEXEN CP672の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NEXEN CP672のタイヤ性能評価レビュー

トレッドパターンを見ても、ブロックが細かいデザイン

これは、コンフォートタイヤである証です。

さて試乗してみると、かなり静かな印象を受けます。

速度を上げて行っても、その静かさは保たれますね。

今回は215/60R16を履いているので

乗り心地もすごくマイルドで、ゴツゴツ感は

まるでありません。

乗り心地と静かさはかなりいいレベルで、

国産コンフォートタイヤに引けを取らないレベルです。

あくまでも新品時の評価ですよ!

さてコーナーを攻めてみると、オイオイ

このクイック感と剛性は何?

タイヤをホイールに組む時は

NEXEN CP672ってサイドウォールが凄く柔らかくて

これだと横剛性がなさそうと思いましたが、

走ってみると、横剛性もあり、ステアリングレスポンスも

1テンポも遅れることなく気持ちよく曲がって行ってくれます。

どちらかというと、プレミアムタイヤと言われても

分からないレベルのタイヤかも!

プレミアムタイヤだと、やはり高速でのグリップと静かさが

絶対条件ですけどね。ということで、

東名高速を通ってそのまま首都高にGOです

速度が高速になると、やはりプレミアムタイヤとの差がでますね。

気にならないレベルですが、パターンノイズが入ってきます。

ちょっと書けない速度ですが(汗)

通常の速度なら合格点ですよ!

さていよいよ高速コーナーですが、

コレがまたキレイに曲がってくれます。

グニャリ感も抑えられているのにはビックリ

ならばと思ってコーナー中に左足ブレーキで前荷重にしたり

イロイロ試したけど、横剛性とグリップもマルです。

ホォ~このNEXEN CP672って、初めて乗ったけど

どちらかというと、プレミアムタイヤのレベルです。

ネット上の評価の中で、高速性能はあまりよくない評価でしたが

実際乗ってみると、高速性能はかなり高い結果でした。

やはりタイヤって実際乗ってみないと性能は分かりませんね!

乗り心地と静粛性は抜群です。静かさを求める方には

オススメなタイヤですがNEXENセカンドブランドのROADSTONEタイヤが

主に欧米市場に販売されていてヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤが

ROADSTONEタイヤが人気になりました。

コチラから⇒ROADSTONE CP672

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月28

NEXEN(ネクセン)CP672タイヤ性能 評価 感想 比較レビューでした!

タグ

2016年4月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEXENタイヤ コンフォートタイヤ

タイヤサイズ245/35R20 アジアンタイヤ人気売れ筋ランキング

タイヤサイズ245/35R20適合車種

新車装着車種:アルファード、ヴェルファイア等

タイヤサイズ245/35R20のアジアンタイヤで、

売れている順にランキングしています。

245/35R20 アジアンタイヤ人気売れ筋ランキング

1位 ATR SPORT

ATR SPORTのタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

atr-sport

 

価格はコチラから>>ATR SPORT

 

2位 NANKANG NS-2

NANKANG NS-2 のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

nankang-ns2

 

価格はコチラから>>NANKANG NS-2

 

3位 ATR SPORT2

ATR SPORT2のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

atr-sport2

 

価格はコチラから>>ATR SPORT2

 

4位 NANKANG NS-20

NANKANG NS-20のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

nankang-ns20

 

価格はコチラから>>NANKANG NS-20

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月28

公開日:2016年04月20日

245/35R20 アジアンタイヤ人気売れ筋ランキングでした

タグ

2016年4月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤサイズ別ランキング

このページの先頭へ