GOODYEAR(グッドイヤ―) GT-Eco Stageタイヤ性能評価感想比較レビュー

GOODYEAR GT-Eco Stageタイヤの特徴と性能評価

GTecostage

グッドイヤーGT-Eco ステージタイヤの特徴

GT-Eco Stage(ジーティー エコ ステージ)は、

e-Hybrid(イーハイブリッド)テクノロジ-から、

最新の素材(e-Hybridコ ンパウンドtype-ES等)や新パターンを採用し、

低燃費性能と長持ち性能を進化させた、ECOタイヤです。

サイドウォールに硬軟2種のゴムを組み合わせることで、

高剛性を保ち、しなやかな乗り心地と優れた操縦安定性を両立しています。

という、メーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(エコタイヤ)

インチサイズ(14インチ~16インチ)

GOODYEAR GT-Eco Stageのタイヤデザイン

GOODYEAR GT-Eco Stageのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

GOODYEAR GT-Eco Stageの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

GOODYEAR GT-Eco Stageの試乗性能レビュー

今回履かせた車はCVT車なので、CVT車のクセも加味して

評価しないとね!

さて乗ってみると、第一印象は乗り心地がいいタイヤです。

速度を上げて行っても、なるほど、タイヤの反発スピードが速く

路面に対しての追従性が良いため、乗り心地がイイです。

静かさも結構いいレベルですね!

さてコーナーは、タイヤが65偏平なのでそれも踏まえると

切り初めの反応もイイね。

速度をさらに上げていくと、ほォ~そろそろタイヤが

悲鳴を上げていいぐらいの速度なんだけど鳴きません?

あれこのタイヤECOタイヤなんだよなァ~??

かなりグリップ力ありますね(驚)

ECOタイヤなので、首都高テストは、今回パスします。

首都高も距離制でしかも大幅値上がりしたので(汗)

さて問題のECO性能です

これは加速時から感じていることなんだけど

確かに転がり抵抗は少なそうです。

一定走行でロックアップに入れてから

アクセルを離すと、なかなか速度が下がりません。

これECOタイヤ一番の特徴です。

ラベリングのAAAまでの転がり抵抗のなさまでは行かないかな!

でも一般タイヤとは、このがり抵抗が明らかに違うことは

ハッキリ分かりました

トータルバランスが良くできているタイヤでした。

グリップ力が予想以上あったのは、驚きましたけどね。

グッドイヤーGT-Eco Stageのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒GOODYEAR GT-Eco Stage

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです!

更新日:2020年02月09日

GOODYEAR(グッドイヤ―) GT-Eco Stageタイヤ性能評価感想比較レビューでした。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年4月27日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:アメリカ製タイヤ ECOタイヤ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ