NANKANG XR611タイヤ性能評価感想比較レビュー

NANKANG XR611タイヤの特徴と評価

XR611

XR611(エックスアールロクイチイチ)は、ハンドリング性能、静粛性、ウェット性能に優れたコンフォートタイヤ!

4本のストレートラインが排水性を高め、高品質ラバーコンパウンドによりノイズを抑えた高い静粛性能と快適性能、

安定したグリップ力を発揮するタイヤです。というタイヤメーカーさんのセールストークです。

NANKANG XR611のタイヤデザイン

NANKANG XR611のトレッドパターンは、こんな感じ

 

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

 

NANKANG XR611の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NANKANG XR611タイヤ試乗性能レビュー

車はセレナ、ミニバンなのでどうなのかな~

ほォ~なるほどなるほど、街乗りで一番感じたのが、静かさと乗り心地です。

なんだか、性格が国産タイヤのアレに似ているなァ~!

静かさはチョット負けるけど、なんだか性格はそっくり

となると首都高に入って、速度を上げてみると

う~ん、チョット、高速安定性が少ないかな

タイヤの横剛性がミニバンには足りない感じです。

ミニバンなのでエアー圧をかなり高めにしておいたんだけどね!

どちらかと言うと、コンパクトカーや軽自動車向けのタイヤかな?

でも静かさはかなりいいレベルです。

さてコーナーに入ると、う~ん、これも横剛性が足りません。

コーナー入口と出口で気を使います。

さらに速度を上げてコーナーに入ると

腰砕け感が出るね、何度か試したけど

スプリングの腰砕けじゃなくてタイヤの腰砕けです。

どちらかと言うと、荷重負けをして、グニャリ感が出てしまう感じを一番受けます。

全体的に、柔らかすぎという感想ですね!メーカーが言っているハンドリング性能はイマイチです。

ちょっと、高速向きではないし、ミニバンにはオススメできないかな

どちらかと言うと、軽量な車のコンパクトカーや軽自動車で

街乗りを静かで乗り心地がいいタイヤを探している方に

向いているタイヤです。

そしてナンカンXR611って乗った感じのタイヤ性格はダンロップのルマンにそっくりで

高速限界グリップも似てましたよ(笑)

NANKANG XR611のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ナンカンXR611

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年06月12日

NANKANG XR611 タイヤ性能・評価・感想・比較・レビューでした。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年4月11日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:コンフォートタイヤ 台湾製タイヤ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ