ナンカンNS-2Rに試乗!NANKANG NS-2Rのタイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

アジアンタイヤ NANKANG NS-2R(ナンカンNS-2R)タイヤの一般公道の性能・評価・感想・比較・レビュー

さてアジアンタイヤのNANKANG NS-2R(ナンカンNS-2R)は、どんなタイヤなんでしょうか?

NANKANG NS-2R(ナンカンNS-2R)に試乗してみました。

DSC_0015

ナンカンNS-2R

 

車はkuro70の弟のAE101号、サーキット仕様です。

本当は、サーキットを走って評価したいところですが

まずは一般道と高速道路、あとは首都高での性能ですね!

一般の方は、こちらの方が興味があると思うので

ということで、AE101号を借りて試乗してきました。

走り出しは、NANKANG NS-2Rは結構静かなタイヤなんだ~って感じです。

Sタイヤを履いたことのある方は、分かると思いますが

Sタイヤって、メチャクチャ、パターンノイズがうるさいタイヤなんだよね。

その点、NANKANG NS-2R(ナンカンNS-2R)は、パターンノイズ的には

普通のタイヤっていう感じです。

あくまでも新品時ですよ!

NANKANG NS-2Rの乗り心地ですが

乗り心地はメチャ硬いです。当たり前ですが(笑)

さて高速道路を走った感想は

速度を上げて行くと、直進安定性は抜群です。

パターンノイズは、速度が上がると結構気になるね。

さて首都高に入り、コーナーリングは???

イヤァ~、切り初めから、ダイレクト感がスゴイ(驚)

横Gがかかった時の、ダイレクト感はたまりません!

これやっぱり普通のタイヤとは比べ物にならないグリップ力(驚)

ヤバイ・・・楽しすぎる。

コーナー中左足ブレーキで、荷重移動をさせ

タイヤの性格をイロイロ試したけど、

縦グリップ、横グリップこれ半端じゃないです。

NS-2R

久々に楽しいタイヤに出会えた感じです(笑)

今の気温が35度を超えているので

低温時のグリップは、確認できないけど

この気温だと、路面温度がかなり高いので

最初っからグリップ力が出てるのかもね。

とにかくグリップ力は、相当高いことが

確認できました。

トータル50分ぐらい走ったけど

タイヤが暖まってくると、

5速でアクセルを抜いたとき、減速が多くなる。

すなわち、グリップが上がっていることになるね。

ECOタイヤは、アクセルを抜くと

オイオイ、なかなか減速しないから

最初は驚くけどね!

さて、NANKANG NS-2R(ナンカンNS-2R)の一般道と高速道路と首都高の

評価なんだけど、かなりスゴイタイヤでした、

というより、グリップ力がありすぎて

AE101号には、オーバースペック過ぎちゃって

コーナー限界が分からない~

国産グリップタイヤのネオバ、R1R、ディレッツァZ2スタースペックと比べても

引けを取らないタイヤかな(驚)

サーキットでも、楽しめるタイヤということは

間違いありません。

新品タイヤ溝も7mmあるのが嬉しいです。

さらに、タイヤサイズのラインナップも豊富なところが魅力です。

写真を撮るのを忘れちゃったけど(泣)

減りは、メチャ早いです(笑)

1日サーキットフリー走行だと

2回で終りかな(笑)

でも価格が安いので!

アジアンタイヤの中でも、フェデラルRS-RR、サイロンストリートレースを

越えたグリップ力がありそうです。

まだサーキットを走っていないからハッキリ言えないけど

グリップ力、横剛性的には、アジアンタイヤの中でトップになるかも知れません。

久々に、グリップに特化したタイヤが現れたな~って感じです。

サーキットを楽しむには、どうしてもタイヤの価格って

気になるよね。

国産Sタイヤは価格が高過ぎて、さらに楽しんじゃうと、すぐなくなっちゃうし

さらに国産グリップタイヤは、価格が高くて手が届かない。

そういう方には、NANKANG NS-2Rは、最高のタイヤになると思いますよ。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイスと価格は

こちらから⇒ NANKANG NS-2R

何しろNANKANG NS-2Rのタイヤサイズが豊富なのが嬉しいです。

NANKANG NS-2R(ナンカンNS-2R)タイヤ一般公道、タイヤ性能・評価・レビューでした。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

タグ

2015年8月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ 韓国製タイヤ

ヨコハマタイヤのブルーアース1のサイレント・リングって?

ヨコハマタイヤのブルーアース1のサイレント・リングってなんだ?

ダンロップのスポンジ付タイヤは見慣れているけど

ヨコハマタイヤで見るのは初めてです。

タイヤはブルーアース1

DSC_0027

タイヤの内側に、スポンジが並んでる

拡大するとこんな感じ、専用品???

DSC_0028

サイレントリングという物らしいです。

インナーに張り付けてあるわけじゃなくて

回すと、そのまま回っちゃいますけどね(笑)

おそらく試作品なのかも???

DSC_0025

タイヤメーカーさんも、研究テストをして

DSC_0026

走行ノイズの低減、静粛性の高いタイヤを目指していて

イロイロ考えてテストしているんですね!

ヨコハマタイヤのブルーアース1のサイレント・リングでした。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

オートウェイが直輸入している価格が安いアジアンタイヤ

国産タイヤは価格が高い、そこでタイヤ選びの選択技、

まだ読んでいない方は『国産タイヤとアジアンタイヤの違い』を読んでくださいね。

オートウェイなら国産タイヤ価格の1/3~1/4の価格で買えるアジアンタイヤがオススメです。

海外ブランドタイヤを直輸入しオンラインでネット販売しているオートウェイ

しかも直輸入しているタイヤのほとんどが各タイヤメーカーの

コンフォートタイヤ、スポーツタイヤ、そして贅沢なプレミアムタイヤです。

オートウェイの価格を見たら、あまりの安さに驚きますよ!

タイヤ選びの選択枠が、広がります。

気になるアジアンタイヤがありましたら、

サイト右上のアクセスカウンター下側のサイト内検索窓に、

タイヤ名を入力し検索してください。

タイヤ性能テストをおこなったアジアンタイヤは検索されます。

>>激安アジアンタイヤの入り口はコチラから<<

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

タグ

2015年8月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヨコハマタイヤ 国産タイヤ ECOタイヤ

このページの先頭へ