ナンカンECO2というエコタイヤ、テスト走行して来ました。

アジアンタイヤのナンカンECO2というエコタイヤに乗ってみました。

DSC_02761.jpg

タイヤを組む時は、サイドがすごく硬かったんだけど

DSC_02861.jpg

実際乗ってみると、柔らかい(驚)

どちらかというと、トレッドが柔らかい感じ

なんだか、この感覚、他のタイヤであるな。

静かさと乗り心地はイイね。

あと、転がり抵抗だけど、アクセルオフしてから

かなり転がるね。ヨコハマのアース1がラべリングA

だったけど、ナンカンECO2は、それ以上に減速しません。

感覚的に、AAかな(驚)

これだと燃費も確実に上がります。

一般道では、まったく不満なく走れるし

このコスパ的にはメチャいいね。

さて、燃費だけ考えると、とても良いタイヤなんだけど

首都高を走ってみると、イイところだけではありません。

グリップ力が足りない、これアース1と比べても

全然足りません(驚)

タイヤ自体の横剛性はあるんだけど

トレッド面の、グニャリ感、そしてグリップの無さには

ちょっとビックリかな!

なんだかサイド剛性の高いスタッドレスタイヤの動きだな~

う~ん、何回も試したけど、やはりスタッドレス並の

グリップと、ヨレ感もそっくり。

ステアリングの切り始めの1テンポの遅れ方と

えッ、もうグリップの限界?っていう感覚

まあ、このタイヤのグリップ力は

スタッドレスと同等って割り切れば

問題ないんだけどね(笑)

ちょっと、グリップに関しては

期待ハズレでした。

アース1も高速グリップは、けしてイイ方では

なかったけど、それより全然グリップしないとは(泣)

でも、エコタイヤということで、割り切ることが

必要なのでしょう。

燃費重視のタイヤなんだからと!

あとライフはまだ、分からないけど

このトレッドのグニャリ感からすると

減りは早そうです。

でも、値段が安すぎるので

許せるね(笑)

首都高を滅多に使わない方

一般道オンリーの方には

オススメなタイヤです。が・・・

峠を攻める方やサーキットを好む

過激な運転をする方は、グリップ力がなさ過ぎなので

選ばない方がイイですね(笑)

それにアジアンタイヤ全般に言えるんだけど

1年経つと、かなりトレッドゴムが硬くなり

走行ノイズも増えるので

まあ値段が安いから、2年ごとの交換を

オススメしますよ!

ナンカンECO2というエコタイヤ評価でした。

ナンカンタイヤはこの頃、新製品が早いね。

ナンカンECO2からECO2+(Plus)に変わりました。

詳しくは、下の写真をクリック

商品リンク

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

タグ

2015年2月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:韓国製タイヤ

このページの先頭へ