久々に見るね!ここまでのバーストタイヤ

ここまで来ると怖いです!ここまでのバーストタイヤ

このバーストパターンは高速道路上ですね!

1.jpg

タイヤはバン用ラジアルだから

バーストすると一気にバラバラです。

2.jpg

このようになるのは、荷物の積み過ぎで

しかもタイヤのエアー圧が低く、荷重にタイヤが

耐えられない状態で、高速道路を走ると

タイヤ接地面の後ろ側が、元の円形に戻らず

変形しっぱなしで走ることにより

タイヤ自体に熱が発生し、高温になり過ぎて

ゴムの限界温度を超えると、このようにバラバラになります。

タイヤって路面と接触している大切なパーツです。

走る、曲がる、止まるはすべてこのタイヤを通してなんです。

タイヤの点検は、まめにしましょうね。

このオーナーさんは事故がなくてなによりでしたが

一つ間違えば、事故に繋がるので。

車の荷重を支えているのは、

タイヤ内に入っている、空気量なので

荷物を多く積んだ時は、タイヤの空気量を多くしないと

このようなことがおきます。

もちろん、空気量を多くするということは

空気圧が上がるということです!

 

タグ

2012年11月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他 国産タイヤ

このページの先頭へ