アジアンタイヤ フェデラル595RSをサーキットでテスト・タイヤ性能・評価・感想・レビュー

アジアンタイヤ フェデラル595RSをサーキットでテスト・タイヤ性能・評価・感想・レビュー

今回は、アジアンタイヤでグリップするという

フェデラル595RSというタイヤをサーキットテストです。

サーキットはタイヤに過酷なショートサーキットです。

JZA70

値段が国産タイヤの半額以下なので性能も半分じゃ、

話になりませんが・・・・

フェデラル595RS

フェデラル595RSというタイヤは、どんなタイヤなんでしょう?

初めてのタイヤなので性格が分かるまで慎重に走らないといけませんね!

気温は13度チョット寒いかも!

さて走行スタート、フェデラル595RSタイヤの実力はどんなもんなんだァ~

走りだし、タイヤがまったく暖まっていない状態で

結構グリップ力はあるような・・・

ちょっとリヤが流れちゃってコーナー出口でカウンター走行に

なっちゃってるけど(汗)

しばらく走っているとタイムは51秒台に突入

周回を重ねていくとだんだんグリップ力がアップ

なかなかいけるかも、しばらく周回を重ねると、タイヤの温度が上がりエアー圧も上がってきて

少しグリップダウン、ちょっとエアー調整をしないとダメみたい・・・

ピットイン、素早くエアー圧を調整しようと思ったけど、

エアー圧がスタート時より0,2キロしか上がっていない?

えッ・・・マジ、この程度でグリップダウンするエアー圧のわけないんだけど

とりあえず滑る感覚があったので、エアー圧をダウンさせ

ピットアウト、数周するとまた同じ感覚が、

おいおいここが、このタイヤのグリップの限界なのか~?

こうなったらかなりタイヤをこじる走行をしてタイヤを思いっきり

暖めてみよう~と、しばらく、かなりザツな運転に変更

そろそろいいかな~さて集中して午前中のタイムアタックモードに

ウワァ~あんなに暖めたのにグリップが思った以上に上がっていない~

なんと言う性格のタイヤなんだ~、

今までに味わったことのない感覚のタイヤです。

ベストタイムは51秒063、まあ気温も上がっていないし

まあ、こんなもんなのかな~(笑)

午後に入り気温も上昇

タイムアタックモードでコースへ

備え付けのラップショットのスイッチON

数周タイヤを暖め、タイムアタック開始

50秒台に突入

しか~し・・・高速コーナーでタイヤがヨレル感覚が

クソ~これじゃ50秒は切れない~

急いでピットイン、タイヤの状態を見て、

右側のフロントタイヤだけ、エアー圧を0,1キロアップして

再度、タイムアタック、周回ごとにラップショットで

タイムを確認しながらタイムアップ、でもかなり危険な領域

一つ間違えば大クラッシュになっちゃうよ~!

さらに集中して、タイムアタック、ミスをしないように

体の力を抜いて、すると頭の中が真っ白、

走行が苦しい~から楽しい~に

走行を終えてベストタイムは49秒932

なんとかフェデラル595RSで50秒切れました。

でもこのタイヤ性格がとても難しいですね。

国産グリップタイヤの性格はまったく通用しません。

タイヤの温度が上がる=グリップ力も上がるが比例しない~

国産タイヤにはない性格です。

とにかく溶けないタイヤだし磨耗しないタイヤです。

でもグリップ力は結構あるんですよね

今回110周走りましたが

タイヤを見ると本当にサーキット走ったの

っていうタイヤの状態です。

けしてJZA70スープラって軽い車じゃないのに~なんで

これが走行後の写真です。

タイヤが、よれてサイドウォールまで倒れた跡が~

なかなかベストなエアー圧を探すのが難しかったです!

595RS

そしてもう1枚

595RS走行後

ほとんど溶けていません。

ここまで溶けないで、あそこまでのタイムが出せるって

不思議なタイヤです?

超ハードタイヤといったタイヤなのかもしれませんね!

今度は気温が高い時に試して見たいですね。

まあ値段から考えれば、満足度はメチャクチャあるタイヤには

間違いありませんが、

性格が難しいから、タイムアタック用には向かないかな~!

でもサーキット走行は全然OKですよ。

間違いなくグリップタイヤです。

値段からみて、これだけの性能があるタイヤは

国産タイヤでは見当たりません。

さらに、とにかく減らないタイヤです(驚)

フェデラルっていうタイヤメーカー

もしかしてスゴイ技術を持っているのかも!

フェデラル595RSをサーキットで性能テストでした。

今ではフェデラル595RS-Rに進化

そしてさらにフェデラル595RS-RRに

グリップ力が進化しています!

 

サーキットを楽しむなら、

2016年に発売されたアジアンハイグリップタイヤがあります。

コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

アジアンタイヤ フェデラル595RSをサーキットでテスト・タイヤ性能・評価・感想・レビュー

タグ

2007年9月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ 台湾タイヤ

アジアンタイヤ フェデラル595RSタイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

アジアンタイヤ フェデラル595RSタイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

黒70スープラ号のプロクセスR1Rタイヤがもう摩耗の限界

タイヤをニューにしないと公道でも整備不良を切られるヤバイ状態なので

タイヤを交換することに

以前からアジアンタイヤの中で性能をテストしてみたかったタイヤがあったので

今回アジアンタイヤの中でもっともグリップ力のある

フェデラル595RSを注文しました。

この会社アジアンタイヤ直輸入なので、とにかく激安

グリップタイヤで255/40R17の価格を見たら

国産グリップタイヤの半額以下

グリップ力も半分以下だと困るけどね!

まあサーキットに行けば、性能は分かるので

チョット今回は冒険です。

タイヤって履かないとタイヤ性能と性格は分からないからね!

注文してから2日後にフェデラル595RSが到着

フェデラル595RS

作りは見た目、国産タイヤに引けをとらない仕上がりです。

595RS

ちょっとコンパウンドが硬いけど、ブロックが大きいからそう感じるのかも

さてレバーレスのタイヤチェンジャーで交換しよ~と

タイヤ交換1

チェンジャーにタイヤホイールをセットして

今までサーキットを楽しませてくれたプロクセスR1Rタイヤを

外します。

ビードを上下落としてから上のビードを外します。

タイヤ交換2

そして下のビードを外します。

タイヤ交換3

プロクセスR1Rタイヤが外れました。

タイヤ交換4

次にフェデラル595RSを組みます。

タイヤ組み付け

もっとも神経を使うところがこの場面

タイヤ組み付け1

でも機械まかせだから疲れないけどね!

タイヤ組み付け完了

あとはエアーを入れてバランスをとればOKで~す。

ということで交換終了です。

フェデラル595RS

リヤはこんな感じ

リヤ

ちょっと走ってみました。

なるほど、結構静かなタイヤだな~が第一印象

コーナーを攻めてみると、えッ???滑るじゃん

タイヤの温度が低いと、このフェデラル595RSタイヤ、グリップ力ないぞ~

これだとプロクセスR1Rとは違って

スプリングレートからやり直しになりそう。

まあタイヤが溶ける温度まで攻めてみないと

本来のグリップ性能は分からないけどね。

これから走りこんで足回りのセッティングを煮詰めていきます。

第22回 黒70耐久走行会には

このフェデラル595RSタイヤをテストするので

参加者皆さん黒70スープラ号を、あおらないでくださいね。

フェデラル595RSは、進化してフェデラル595RS-Rに進化

そして今では、フェデラル595RSーRRにさらに進化しています。

ハッキリ言って、このフェデラル595RS-RRは

Sタイヤ並のグリップ力を持っています。

サーキット走行のタイムアタックには

フェデラルRS-RRは、アジアンタイヤグリップ力では

間違いなくトップクラスです。

国産グリップタイヤと同等のグリップ力を

発揮します。

一般道より、このフェデラル595RS-RRは

サーキットのタイムアタックで楽しめるタイヤですよ!

 

サーキットを楽しむなら、

2016年に発売されたアジアンハイグリップタイヤがあります。

コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

アジアンタイヤ フェデラル595RSタイヤ性能・評価・感想・比較・レビューでした。

タグ

2007年9月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ 台湾タイヤ

このページの先頭へ