アジアンタイヤと国産タイヤの違い 

アジアンタイヤと国産タイヤ性能の違いについての説明

アジアンタイヤ国産タイヤタイヤ性能は何が違うのか?

アジアンタイヤ国産タイヤの違いを比較しながら説明していきます。

アジアンタイヤは値段の安さが最大の魅力でもあります。

私が長年アジアンタイヤの試乗テスト評価をしてきたのは

安くてグリップするタイヤは無いのか?

これがアジアンタイヤを試乗評価するキッカケでした。

とにかく、初めてアジアンタイヤの価格を見た時

その安さに驚いたからです。

アジアンタイヤは国の環境が違う!

アジアンタイヤは国産タイヤと比べると、トータル性能は

まだ国産タイヤの方が高いです。

ですがアジアンタイヤもここ数年、技術の進歩で

高性能なタイヤが増えてきているのも確かです。

なぜアジアンタイヤより国産タイヤの方が

トータル性能が高いのかというと、

日本という特殊な環境に合わせて作っているのが

日本の国産タイヤだからです。

特殊な環境というのが、日本の四季です。しかも北海道から沖縄では四季を考えると

気温差が約60度という、ほかの国では考えられないような環境に

満足のいくレベルで作られているのが国産タイヤです。

アジアンタイヤと国産タイヤを比べて、性能が劣るのはどの部分なのか?

今まであらゆるアジアンタイヤを試乗し、テスト評価してきました。

2000年頃のアジアンタイヤは、まったく国産とは比較にならないくらい

すべてにおいて、性能が悪かったのには驚きました。

ですがそれから10年の間、円高が続き日本経済が悪くなり、

日本で商品を製造し、海外への輸出では、価格が高くなり過ぎて

海外で売れないという危機感があり、日本タイヤメーカーは

海外に製造ライン、もしくは海外タイヤメーカーに技術提携という形を取って、

海外タイヤメーカーラインを使って価格競争に対抗する対策が打たれました。

超円高時代が長く続いたための対策に国産タイヤメーカーが踏み切ったということです。

アジアンタイヤ性能が急激にアップ

逆に言うと日本のタイヤ技術が流出

すなわち日本のタイヤ技術をアジア諸国に

教えたことになります。

そこからアジアンタイヤの性能は、飛躍的にアップし始めました。

今でも、ウエット性能だけは落ちるものの、

ドライ路面でのグリップ性能は国産タイヤ勢と同等

そして2016年、ついに国産タイヤのグリップ力を上回る

ハイグリップタイヤも発売されています。

NANKANG NS-2R

コチラを参考に⇒NANKANG NS-2R性能

アジアンタイヤの性能は、飛躍的に伸びています。

タイヤメーカーのフラッグシップタイヤのプレミアムタイヤ

静粛性に関しては、いまだに国産タイヤより性能は多少落ちますが、

アジアンタイヤは、かなり静かなレベルになってきているところも驚きます。

摩耗してくると、うるさくなるのも、アジアンタイヤの特徴ですが

1995年あたりの国産タイヤも同じでした。

アジアンタイヤの特徴ですが、ゴム質が硬くなるのが

国産タイヤと比べると早いです。

そのため細かいヒビが入るのも早いです。

でもこれは国の違い、国の環境により考え方が違うので、

この1面だけ見てタイヤ性能が悪いとは言い切れません。

なぜかというのは、次に説明する、国の大きさの違いに関係します。

アジアンタイヤを製造する国の大きさのタイヤの考え方

国の大きさの違いによるタイヤの考え方の違い

ここで国の大きさについてです。

国の大きさにより走行距離が大幅に違うため

何年タイヤが持つのかという指標は難しいところです。

ただ言えることは、アジアンタイヤは2年で

細かいヒビ割れが出てきます。

日本では一般的に年間1万キロが想定されていますが

他国では年間1万キロなんて少なすぎる距離なんです。

なので走行距離的に2年持てばという考えなので、

2年で交換は当たり前なのです。

これを国産タイヤは3年でようやくヒビが入って来るのですが

これと比較してしまうのは、考え方、使い方の違いがあるので間違いです。

日本は狭い国なので、走行距離が他国と比べると少ないことを

頭に入れておいてください。

例えば中国と日本の国土の大きさの違いを比較すれば分かりやすいと思います。

日本のタイヤメーカーでも、アジア諸国で生産したタイヤを

日本に輸入するパターンも増えてきています。

日本のタイヤメーカーのタイヤだからメードインジャパンとは限らなくなってきています。

アジアンタイヤだけではありませんがタイヤについての専門的な説明になります!

専門的な説明なので、軽く読み流してください。

タイヤの主成分は生ゴムです。

タイヤの生ゴムのゴム質を決めるのは、ブラックカーボンです。

このブラックカーボンを調合することで、タイヤのゴムは黒くなります。

その他に紫外線防腐剤やシリカが調合されています。

ですが国産タイヤよりアジアンタイヤの方が紫外線防腐剤が

少なく調合されているのでヒビ割れは早いです。

そして、このシリカ成分が、

ゴムの柔らかさを保つ働きをする重要な役割を持っています。

アジアンタイヤ国産タイヤと比べると、このシリカが少ないために

タイヤ性能に差が出てきます。

アジアンタイヤで一番弱いのがウエットグリップです

路面が濡れている時のグリップは

国産タイヤよりアジアンタイヤの方が大きく落ちるので、

ウエット時は速度を控えて走行しましょう。

サーキットをアジアンタイヤでウエットテストした時の

グリップの無さには、メチャ驚きました。

imgf05828abzikbzj

国産タイヤの場合、ドライ路面のタイムとウエット路面との

ショートサーキットタイム差は

10秒~12秒落ちぐらいになるのですが、

アジアンタイヤはの場合は15秒~20秒落ちになってしまいます。

これだけでも、ウエットには弱いタイヤということが分かります。

一般道でも限界を超えない速度で走行すれば

問題はありませんが、ウエットグリップは

国産タイヤより劣るので、速度を抑えた走行を心がけましょう。

今時のアジアンタイヤのドライグリップは、かなり国産タイヤに

劣らない性能を示してくれています。

2015年頃から、アジアンタイヤ

ゴムにシリカを配合する比率が良くなり、

低温からのグリップとウエット性能が

飛躍的に向上してきました。

国産タイヤとのウエットグリップの差が

一気に縮まってきているのも、確かです。

アジアンタイヤはモデルチェンジまでが長い

これ日本では考えられませんが、新商品が出てから

アジアンタイヤは、そのモデルのトレッドパターンを長年変えません。

日本人は、新商品を好むので、タイヤメーカーさんは

1~3年で新商品を出してきますが

アジア諸国のタイヤメーカーさんの考えは、

その商品を育てることに重点をおいています。

同じ商品名でタイヤのパターンも変わっていませんが

コンパウンド(タイヤが路面と接するゴム)を

変えて来たり、お客様の満足を得られるように

お客様の評価に耳を傾け、商品を育てリピートで

買って頂くことを重視しています。

同じタイヤ銘柄なのに、10年前のウエット性能より

今現在の同じタイヤ銘柄だと、ウエット性能は

段違いで改善されているタイヤもあります。

そして車の高性能化により、静かで乗り心地が良いタイヤが

求められるようになりました。

この点でもアジアンタイヤメーカーは

研究を続け、静かで乗り心地の良いタイヤのレベルを

上げて来ていることも確かです。

そうやって、お客様の声に耳を傾け、

改善し、支持されるタイヤに育てていこうというのが

アジア諸国のタイヤメーカーさんの考え方です。

アジアンタイヤのハイグリップタイヤも進化しています

2016年にNANKANGタイヤメーカーから

発売されたAR-1ハイグリップタイヤを試乗テストしたところ、

コチラを参考に⇒NANKANG AR-1でサーキットテスト

国産グリップタイヤを超えるグリップ性能だったのにはビックリ

いよいよ、アジアンタイヤ国産タイヤの性能を超える時代になったのには

驚きを隠せませんでした。

サーキットでも試しましたが、タイムがS(セミスリック)タイヤと

同等のタイムが出てしまったのは、本当に驚きました。

この低価格のタイヤで、ここまでのタイムが出るとは・・・

サーキット好きで、毎回タイヤ代で困っている方には

本当に待ちに待った、ハイグリップタイヤですよ!

しかも国産Sタイヤの1/3の価格です。

アジアンタイヤは価格の安さが最大の魅力でもあります

安くて、性能がイイんですから、売れてしまうのは当然だと思います。

人気が出るのも当然ですね。

 

15年前からアジアンタイヤを試乗テスト評価してきました。

いよいよ国産タイヤをしのぐレベルまでのアジアンタイヤのレベルが

上がってきたことは確かだと思います。

アジアンタイヤは性能が悪いというのは

もはや過去の話です。

アジアンタイヤ性能研究室では

右上のアクセスカウンターの下の

サイト内検索を有効に使っていただきたいと思います。

アジアンタイヤで知りたいタイヤ名を入力し

検索して見てください。

試乗テストしたアジアンタイヤは評価レビューを書いていますので

検索されるようになっています。

タイヤ選び、タイヤ交換、サーキットタイムアタック等の

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

コチラも参考に!

私もアジアンタイヤの価格を始めて見た時は、あまりの安さにビックリしました。

きっとアジアンタイヤの値段を見たら、その安さに驚きます!

↓↓↓↓激安アジアンタイヤ入口はコチラから↓↓↓↓ 

アジアンタイヤと国産タイヤの違いについての説明でした。

2015年7月15日

このページの先頭へ