イメージ画像

最新情報

2019年3月6日安いおすすめタイヤ
安くて性能が良いタイヤ選び!評価の良い国産タイヤ輸入タイヤ情報
2019年3月3日タイヤ基礎知識
スタッドレスタイヤから夏タイヤの履き替え時期はいつ?
2019年2月5日コンフォートタイヤ
安くて評価の良い静かで乗り心地が良い快適性のあるコンフォートタイヤ選び
2019年2月4日プレミアムタイヤ
安くて評価が高い人気のプレミアムタイヤ性能比較!タイヤ選びの参考に!
2019年1月4日ハイグリップタイヤ
安いハイグリップタイヤは無いのか?アジアンハイグリップタイヤ探し

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

安くて性能が良いタイヤ選び!評価の良い国産タイヤ輸入タイヤ情報

新型車の安全性能の向上により、車の標準タイヤは大口径になて来ています。

タイヤが大きくなるとタイヤ交換4本で負担も大きくなります。

できればタイヤ代を安くすませたいが本音ですよね。私もそうでした。

結局のところ『安くて性能が良いタイヤ』はどれなのか?

というところではないでしょうか。

タイヤ性能や品質で考えたら、確かに国産タイヤの方が良いです。

ですがそれに見合った金額なのかというと、疑問が残ります。

 国産タイヤメーカーのコスパに優れたタイヤのご紹介

国産タイヤメーカーでもアジア諸国で生産することで価格を安くしています。

もちろん技術と機械は日本製ですが、生産国はインドネシアです。

コチラを参考に

ブリヂストン TECHNO SPORTS性能評価

 

ダンロップ DIREZZA DZ101性能評価

いかがでしょう。国産タイヤメーカーでこの安さです。

この値段なら納得ではないでしょうか。

輸入タイヤで評価の良いアジアンタイヤのご紹介

今まで私が試乗した中で評価の良いタイヤで、

タイヤカテゴリーごと、一番優れていると感じたアジアンタイヤの紹介です。

アジアンプレミアムタイヤ

ROADSTONE N8000

この高速性能と静かさのレベルの高さには驚きました。

ROADSTONE N8000の試乗レビューは⇒コチラから

静かさ、乗り心地、高速安定性、グリップ力

トータルバランスを、高次元で融合させたプレミアムタイヤでした。

ROADSTONE N8000のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ROADSTONE N8000

 

アジアンハイグリップタイヤ

NANKANG NS-2R

私もサーキット仕様のJZA70に履いています。

NANKANG NS-2Rの試乗レビューは⇒コチラから

 

快適性は、全く無視のタイヤですが、

グリップ力の凄さには、驚きました。

ですが、減りはもの凄く早いですし、パターンノイズと

乗り心地は悪いので、グリップ力重視の方にオススメです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

 

グリップ力は最強のハイグリップタイヤ

NANKANG AR-1

ロードノイズはウルサイですが、グリップは凄すぎです

NANKANG AR-1の試乗レビューは⇒コチラから

 

NANKANG NS-2Rでもグリップ力は

スゴイですが、その上をいくハイグリップタイヤです。

街乗りでも使えますが、パターンノイズ

乗り心地は最悪で、快適性は全くありませんが

グリップ力だけは最強のグリップです。

サーキット走行で本領発揮、

タイムアタックではベストタイムが出ちゃいます。

ちょっと今までのタイヤのレベルを超えている

最強ハイグリップタイヤです。

でも減りはもの凄く早いです。

ナンカンAR-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

 

アジアンコンフォートタイヤ

NANKANG RX615

国産タイヤに引けを取らない静かさと乗り心地でした

NANKANG RX615のタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

 

快適性の静かさと乗り心地を求めるなら、このタイヤです。

NANKANG RX615のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615

 

アジアンスポーツタイヤ

ATR SPORT2

スポーツタイヤに快適性をプラスしたタイヤでした

ATR SPORT2のタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

グリップ力は一般道では使い切れないほどのグリップ力を持っています

しかも静かで乗り心地も犠牲にしていないチョット異質な

タイヤ性能もっているタイヤでした。

プレミアムタイヤまでの快適性はありませんが

グリップ力はグッドです。

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT2

 

アジアンファッション性で感動したタイヤ

MOMO OUTRUN M-3

タイヤカテゴリーには関係ありませんが、

タイヤのファッションというカテゴリーがあったなら

このタイヤです、サイドのデザインが、キレイ過ぎて驚きました。

さすがイタリアのタイヤメーカーです。

MOMO OUTRUN M-3のタイヤ試乗レビーは⇒コチラから

 

性能はズバ抜けてスゴイところはありませんが

トータルバランスが優れたタイヤでした。

ファッションセンスは素晴らしいです。

見た目の仕上がり感は、文句無しです。

MOMO OUTRAN M-3のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MOMO OUTRAN M-3

 

アジアンミニバンタイヤ

RADAR RPX800

アジアンタイヤにはまだミニバンのタイヤカテゴリーはありませんが

ミニバンに合うタイヤがこのタイヤでした。

RADAR RPX800の試乗レビューは⇒コチラから

 

横剛性が文句なしで、

ミニバン特有の高速のフラツキが抑えられるところがイイです。

ミニバン販売ランキングがTOPの意味が分かりました。

RADAR PX800のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR RPX800

 

アジアンSUVタイヤ

ATR SPORTのDesert Hawk H/T

Desert Hawk H/Tのタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

 

快適なのに、スポーツ走行OKで、グリップ力は相当あるタイヤでした。

SUVでもグリップ力が欲しい方に、オススメです。

ATR SPORT DESERT HAWK H/Tのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT DESERT HAWK H/T

 

アジアンエコタイヤ

NEXEN N blue HD Plus

ECOタイヤですが、コンフォートタイヤというのが感想です。

NEXEN N blue HD Plusのタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

 

アジアンタイヤのECOタイヤは、まだ出初めなので

ラベリング制度のAAAまでの転がり抵抗性能までは行っていません。

NEXEN N blue HD PlusでAAにようやく入った性能でした。

静かさと、乗り心地はかなり高いレベルでした。

NEXEN N blue HD Plusのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN N blue HD Plus

 

ランフラットタイヤ

RADAR Dimax R8+ RUNFLAT

乗り心地はランフラットタイヤなので

良くはありませんが、静かさはバッチリなタイヤでした。

なによりうれしいのがランフラットでありながら

低価格というところです。

国産ランフラットタイヤだと、

値段を見たらあまりの値段の高さにビックリ

そんなに高いの~

でも大丈夫です。レーダーのDimax R8+ RUNFLATなら

低価格で履けちゃいます。

ほかにも、低価格ランフラットタイヤはあります。

ランフラットタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒アジアンランフラットタイヤの種類

 

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年04月18日

安くて性能が良いタイヤ選び!評価の良い国産タイヤ輸入タイヤ情報でした

タグ

2019年3月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:安いおすすめタイヤ

スタッドレスタイヤから夏タイヤの履き替え時期はいつ?

スタッドレスから夏タイヤに履き替えるタイミングですが

車の仕事上、毎年のパターンを分析すると、気温が20度を数日超えると

冬タイヤから夏タイヤに履き替える需要が出てきます。

逆に夏タイヤから冬タイヤに履き替える毎年のパターンですが

気温が15度を数日切ると、夏タイヤから冬タイヤに履き替える需要が増えます。

なぜ気温5度の開きがあるのかは、わかりませんが

毎年のデーターを分析すると、このような結果になります。

ちなみに、私は神奈川県の都内よりで、山が無い地域ですので、

山沿いの地域とは、まったく違うので、このデーターは当てになりません。

さて、スタッドレスタイヤから、夏タイヤに履き替えようとしたら

タイヤが摩耗している、3年履いたのでヒビが入っている等

タイヤを新品に買い替えないといけない状況になった事ありませんか?

18インチ以上のタイヤサイズになると、4本で10万円超えの出費に(汗)

国産タイヤを選んだ場合はですが・・・

そこで新たなタイヤ選択技があります。

安くても高性能なタイヤは実はあるんです

私も履いている、アジアンタイヤです。

サーキットを走るのが好きなので、ハイグリップタイヤを選んで履いていますが

国産ハイグリップタイヤをしのぐ、グリップを持っているのには驚きました。

一般の方が履くタイヤではありませんが

こんなタイヤです。

さらに値段が国産ハイグリップタイヤの1/3の価格で履けてしまうのが、メチャうれしいです。

ハイグリップタイヤに限らず、コンフォートタイヤや、プレミアムタイヤも、もちろんありますので

一度、その驚きの安さを、確かめてください。

静かで乗り心地が良いタイヤはコチラから⇒アジアンコンフォートタイヤランキング

トータル性能が高いタイヤはコチラから⇒アジアンプレミアムタイヤランキング

きっとアジアンタイヤの値段を見たら、その安さに驚きます!

↓↓↓↓激安アジアンタイヤ入口はコチラから↓↓↓↓ 

タグ

2019年3月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識

安くて評価の良い静かで乗り心地が良い快適性のあるコンフォートタイヤ選び

コンフォートタイヤは、静かさと乗り心地を重視したタイヤです。

コンフォートタイヤとは⇒『快適なタイヤ』

タイヤは低中速では静かで乗り心地が良くても、高速になると

走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、その点も試乗テストして選んでいます。

それぞれのタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗し性能を評価した

タイヤ性能評価にリンクしています。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメです。

安くて評価の良いコンフォートタイヤ性能比較!

NANKANG(ナンカン)RX615

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG RX615

ナンカンRX615タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615

 

ROADSTON(ロードストーン)CP672

試乗感想レビューはコチラ⇒ ROADSTON CP672

ロードストーン CP672のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE CP672

 

NANKANG(ナンカン)AS-1

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-1

ナンカンAS-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS-1

 

HIFLY(ハイフライ)HF201

試乗感想レビューはコチラ⇒ HIFLY HF201

ハイフライHF201のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF201

 

RADAR(レーダー)RPX10

試乗感想レビューはコチラ⇒ RADAR RPX10

レーダーRPX10のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ RADAR RPX10

 

それぞれのコンフォートタイヤは、あくまでも新品時に試乗した時のタイヤ性能比較です。

タイヤ選び、タイヤ交換の参考にしていただければ、うれしいです。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年04月18日

安くて評価の良い静かで乗り心地が良い快適性のあるコンフォートタイヤ選びでした!

タグ

2019年2月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ

安くて評価が高い人気のプレミアムタイヤ性能比較!タイヤ選びの参考に!

プレミアムタイヤは、コンフォートタイヤにスポーツタイヤの性能を持つ

タイヤの中で最も贅沢な性能を兼ね備えたタイヤです。

プレミアムタイヤとは⇒『高級、上等』のタイヤという意味になります。

各タイヤメーカーの技術の結晶がプレミアムタイヤに生かされています。

プレミアムタイヤ性能比較です。

リンクは、一般道、高速道路、首都高速を試乗した実際の感想にリンクしています

プレミアムタイヤ性能比較

ROADSTONE N8000

試乗感想レビューはコチラ⇒ ROADSTONE N8000

ROADSTONE N8000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE N8000

 

NANKANG NS-20

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG NS-20

NS20

ナンカンNS-20のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-20

 

NANKANG AS-2 +(Plus)

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-2 +(Plus)

ナンカン AS-2+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS-2+

 

NEXEN N7000 Plus

試乗感想レビューはコチラ⇒ NEXEN N7000 Plus

n7000plus

ネクセン N7000Plusのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN N7000Plus

トータル性能を追い求めた贅沢なプレミアムタイヤの試乗性能比較です。

タイヤ選びで、どれがイイのか迷ってしまうなら、プレミアムタイヤを選べば

間違いありません。

国産プレミアムタイヤは、かなり値段が高いので、値段で悩んでしまいますが

アジアンタイヤのプレミアムタイヤなら、国産プレミアムタイヤの

1/3~1/4の値段で買えてしまうので、

価格的にも魅力があると思います。

アジアンタイヤのプレミアムタイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年04月18日

安くて評価が高い人気のプレミアムタイヤ性能比較でした!

 

タグ

2019年2月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレミアムタイヤ

安いハイグリップタイヤは無いのか?アジアンハイグリップタイヤ探し

安くてグリップするタイヤは無いのか?

サーキット好きな私は、タイヤ代に毎回悩んでいた経験があります。

国産ハイグリップタイヤは、値段が高く、さんざん悩みました。

ほとんど妥協して、ハイグリップタイヤではない、

スポーツタイヤを選ぶしかなく、ハイグリップタイヤを買えなかったことを覚えています。

ハイグリップタイヤを買えれば、もっと楽しくサーキットを楽しめるのに

何度も悩みました。

でも現実は高価なハイグリップタイヤ、何度も買えませんでした。

そうなんです!サーキットを走るのが好きな方の悩みはタイヤ代

消耗品であるタイヤは、最も価格が高いメンテナンス品なんです。

サーキットで足回りのセッティングが決まってくると

最後にタイムに関わるところは、タイヤのグリップだけになるんです。

ですから、どれだけグリップするタイヤを履くかに掛かってくるんですよね!

サーキット走行の楽しみは、なんと言ってもタイムの短縮です。

自分のドライビングテクニックが、タイムに出る場所がサーキットだからです。

ですが、お金が無いからとあきらめている方も多いと思います。

でも今の時代は、低価格でもハイグリップタイヤが履ける時代になりました。

安いハイグリップタイヤがあるんです

NANKANG AR-1

強烈なグリップ力を持つタイヤはコチラ⇒NANKANG AR-1

AR-1

NANKANG NS-2R

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

NS-2R

 

ATR-K SPORT

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR-K SPORT

 

ATR SPORT 123S

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT 123S

この4種類のハイグリップタイヤ

Sタイヤ(セミスリックタイヤ)並みのグリップ力を

持っていますが、Sタイヤ

一般ラジアルタイヤとは、グリップの理論が異なります

狭い温度域によって、グリップ力を発揮する

特殊なコンパウンドを使っているタイヤ

さらにサーキットでのタイム短縮のみを狙っているタイヤなので

極力タイヤ自体を軽く作ってあります、一般道で使用するには、

かなり気を使わなければならないタイヤがS(セミスリック)タイヤです。

試乗テストをしたアジアンタイヤから抜粋したハイグリップタイヤは

一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!

タイヤのように一般道で、チョット大きな石を踏むだけで

パンクしたりしないので、ご安心ください。

安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので

一般道でも気をつかわなくて済みます。

NANKANG AR-1は

2016年7月にNANKANG NS-2Rのコンパウンドより

グリップ力のあるコンパウンドを使い発売されたのが

NANKANG AR-1です。

グリップ力は、発売と同時にアジアンタイヤTOPのグリップ力で

国産グリップタイヤより、グリップ力があるのには驚きました。

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

NANKANG NS-2Rは

国産グリップタイヤの1/3の価格で買えるのが大きな魅力です。

私もNANKANG NS-2Rを70スープラに履いています

このNANKANG NS-2Rも国産グリップタイヤのグリップ力を

超えているアジアンタイヤです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

ATR-K SPORTとATR SPORT 123Sは

国産グリップタイヤの1/4の価格で買えるのが魅力ですが

まだサイズラインナップが少ないので、

今後サイズラインナップが増えることを期待しています。

ATR-K SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR-K SPORT

ATR SPORT123Sのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT 123S

更新日:2019年04月18日

タグ

2019年1月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ハイグリップタイヤ

このページの先頭へ